こんにちは。美優です。

あなたは亜麻仁油を食べていますか?また、亜麻仁油の効果や効能をご存知ですか?

亜麻仁油は、身体の中から綺麗になりたい!という方におすすめのオイルです。

身体に良い油といえば、よく取り上げられますよね。

亜麻仁油については、以前少しご紹介しましたが、今日は亜麻仁油の効果効能や食べ方を、もう少し詳しくご紹介します。

スポンサーリンク




亜麻仁油ってどんなオイル?

亜麻仁油ボトル
亜麻仁油とはどんなオイルなのでしょうか。順番に見ていきましょう。

亜麻仁油とは、亜麻の種子から抽出されたオイルのことで、以前から販売されていましたが、ここ数年話題になっています。

健康志向の方を中心に人気のあるオイルです。

健康に良いといわれるα-リノレン酸や、リノール酸などを含んでいて、最近ではスーパーなどでも手に入りやすくなりました。

古代ギリシャやエジプトが発祥の地といわれています。

身体に良い油といえば、オリーブオイルやえごま油も有名かもしれませんね。

でも、亜麻仁油には、オリーブオイルやえごま油とはまた違った美味しさがあります。

特に、ほんのりとした香ばしさや、脂っこいものが苦手な方でも受け入れやすいサラッとした感じが魅力の油です。

 

では次に、亜麻仁油に期待できる健康効果について見ていきましょう。

亜麻仁油に期待できる健康効果とは?

亜麻仁油を摂取することで期待できる健康効果には、次のようなものがあります。

  • 集中力、記憶能力を高める
  • アレルギー症状を抑える
  • 生活習慣病の予防
  • 血液の流れを良くする
  • 美肌効果やダイエット効果

亜麻仁油に含まれているα-リノレン酸は、体内に入るとDHAやEPAに変化します。

α-リノレン酸には、集中力や記憶力を高めたり、血管を柔らかくしたり、アレルギー症状を抑える効果があるといわれています。

また、高血圧を予防したり、中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させたり、血糖値を下げる効果によって、生活習慣病の予防も期待できます。

亜麻仁油には、みかんのスジなどにも含まれているヘスペリジンも含まれています。

ヘスペリジンには、末梢血管を強くしたり血流を改善する効果があるといわれています。

さらに、ポリフェノールの一種であるレスベラトロールの高い抗酸化作用によって、肌の弾力を保ったり、細胞が酸化するのを防いだりするために、美肌へと導いてくれます。

さらに、中性脂肪が低下したり、血糖値を下げることや便秘の解消などによって、ダイエットにも効果があるといわれています。

 

ただし、亜麻仁油の食べ方には大切なポイントと注意点があります。

次に、亜麻仁油の食べ方のポイントと注意点を見てみましょう。



亜麻仁油の食べ方のポイントと注意点

オイルのミニボトル
亜麻仁油の食べ方のポイントと注意点についてご紹介します。

加熱せずに食べるのが大切なポイント

亜麻仁油は熱に大変弱いので、加熱をせずにそのまま食べることが大切なポイントです。

ドレッシングを作る時に入れたり、そのままスプーンで食べるのもいいですね。

私のおすすめはパンに付けたり、納豆に混ぜたりする食べ方です。

亜麻仁油のほんのりとした香ばしさがよく合いますよ♪

亜麻仁油の1日あたりの摂取量の目安は?

亜麻仁油の1日あたりの摂取量の目安は、大さじ1~2杯といわれています。

私の場合は、毎朝ティースプーン1杯分をそのままスプーンで食べ、夕食時にティースプーン1杯ぶんをいろいろな食べ方で楽しんでいます。

亜麻仁油はあくまでも油なので、身体に良いといっても、取り過ぎるとカロリーオーバーになります。

摂取量を守るように注意をして下さい。

また、体質などによって亜麻仁油が合わないこともあります。

万が一頭痛やむくみなどの症状が現れた時には、食べるのを中止して下さいね。

酸化しやすいので注意!

亜麻仁油の注意点は、非常に酸化しやすいオイルだということです。

亜麻仁油を購入する時は、できれば遮光瓶(しゃこうびん)に入っていて、小さめのサイズのものを選ぶようにしましょう。

そして、一度開封した亜麻仁油は、冷蔵庫で保管をして早めに使い切ることが大切です。

亜麻仁油を毎日コツコツと摂りましょう!

亜麻仁油の効果を得るためには、毎日コツコツと摂取することが大切です。

毎日コツコツと摂取し続ければ、亜麻仁油のα-リノレン酸で健康に近づけるかも♪

 

あなたも、身体の中から綺麗になるために、ぜひ毎日亜麻仁油を摂ってみてください。

魚を食べるのが難しいという時にも、亜麻仁油をスプーンでパクッと食べるだけなので簡単ですよね。

きっと数日で、肌や身体の調子が良くなるのを実感できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク