こんにちは。美優です。

「今日の天気ってどんな感じ?」

と誰かに聞かれて、空を見上げてみるとどんよりと曇っていた。

今すぐ雨が降ってもおかしくない。

こんな時、あなたは、どのように答えますか?

「う~ん、雨模様かなぁ。」

これなら、雨模様の意味は合っています。本来の使い方として正解です!

ところが、雨模様という言葉の使い方が、最近少し変わってきているようなのです。

そこで今回は、雨模様の意味、本来の使い方と最近の使い方、さらに読み方などについてお伝えします。

雨模様とはどんな天気のことなのでしょうか。ぜひ、参考にして下さいね。

スポンサーリンク



雨模様の意味は?どんな天気?

雨の雫がついたブルーの花
まずは、雨模様の意味を知っておきましょう。

雨模様の意味を、改めて聞かれると、困りませんか?

雨が降っているのか、降っていないのか…。

雨模様の意味は、「曇っていて、今にも雨が降りそうな空のこと」です。

ということは、雨はまだ降っていない状態ですね。

どんな天気かというと、曇りということになります。

ただし、今にも降りそうな 、というところがポイントになります。

でも、そもそも雨模様の本来の使い方はどうなのでしょうか。



雨模様の本来の使い方は?

雨に濡れて丸くなった植物の葉先
雨模様の本来の使い方は、冒頭の例文のような使い方です。

「どんよりと曇っていて、今すぐ雨が降ってもおかしくない」という時に使うのが、正解です。

そもそも、雨模様とは、雨催い(あめもよい)が変化した言葉です。

雨催いの催い(もよい)とは、「催す」という意味です。

これから何らかの事柄が起きそうな様子のことを指します。

よく「気分をもよおす」、「眠気を催す」などと言いますよね。

ですので、「今にも○○しそうな様子」を指します。

ところが、最近になって、本来の使い方とは違った使い方をする人が増えてきました。

雨模様の最近の使い方とは、どんな使い方でしょうか。

続いて、雨模様の最近の使い方を見てみましょう。

雨模様の最近の使い方は?

アスファルトの上の6色のカラフルな傘
雨模様の最近の使い方は、次のようになります。

「さっき出掛けようとしたら、小雨が降っていたよ。今日は1日中、雨模様だね。」

こんな風に、最近ではすでに雨が降っていても、小雨なら雨模様という使い方をします。

本来の使い方とは違ってきていますね。

でも、あなたがこの文章を見ても違和感がないとしたら…。

本来の使い方とは違っていても、正解として受け入れられている、いうことです。

実際に、いくつかの辞書でもこの使い方が、新しい使い方として掲載されています。

私が作った文章を例文として挙げてみますね。

小雨が降っている様子を想像して下さい。

私が作った雨模様の使い方の例文

  • 今までの文章
    「小雨の降る中、パレードは行われました。」
  • 雨模様の新しい使い方をした文章
    「雨模様の中、パレードは行われました。」

となります。

たしかに、新しい使い方をした文章でも、違和感がないですね。

文化庁が行った平成22年度「国語に関する世論調査」でも、雨模様の意味を、新しい使い方で認識している人の方が少し多くなっていました。

  • 「雨が降りそうな様子」と答えた人の割合が40%前半
  • 「小雨が降ったりやんだりしている様子」と答えた人の割合が40%後半

といっても、この調査は平成23年2月時点でのデータです。

現在なら、さらに増えているかもしれませんね。

引用:雨模様-文化庁
「雨が降りそうな様子」、「小雨が降ったりやんだりしている様子」

では、最後に雨模様の読み方についてお伝えします。

雨模様の読み方は?

雨模様の読み方は、2つあります。

「あめもよう」「あまもよう」です。

一般的には、どちらの読み方も正しいとされています。

私の場合は、いつも「あめもよう」と読んでいます。

あなたは、どちらの読み方をしていますか?

まとめ

赤とブルーのチェックの傘を広げたところ
今回は、雨模様の意味、本来の使い方と最近の使い方、さらに読み方などについてお伝えしました。

雨模様は天気でいうと、曇りです。

これからは、誰かに「今日は雨模様だよ。」と教えてもらったら、折り畳み傘ぐらいは、持っていた方が良いかもしれませんね^^

言葉の意味や使い方というのは、日々変化します。

そういった意味でも、文化庁が行っている「国語に関する世論調査」はとっても大切なことですね。

言葉についてのこちらの記事もぜひご覧下さい。

⇒配慮の意味とは?類義語も超わかりやすく!!これでバッチリ

スポンサーリンク