以前、えのきを細かく刻んでお味噌汁に入れるという、簡単なえのきダイエットの方法をご紹介しました。

今回と次回で、もう一つの、えのきダイエットの方法・干しえのきの作り方をご紹介します。お家のベランダで簡単に作ることができますので、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク




干しえのきの作り方

干しえのき キッチンバサミでカット

用意するもの

  • えのき : 並べて干せるだけの量・1回分
  • ザルやネット : 干し野菜専用で使うもの

ザルやネットは、もし、写真のようなキャンプ用のネットがあれば作りやすいと思います。私は、もともと干し野菜を作るのが好きなので、このキャンプ用ネットを長年愛用しています。もちろん、干し野菜専用なので毎回綺麗に洗って使います。えのきは、ネットに並べられるだけの量を用意して下さい。

作り方

干しえのき用キャンプネット
干しえのきの作り方は、次の通りです。

  1. えのきは、石づきの部分をカットします。
  2. ザルやネットに、できるだけバラバラになるように、手で裂くようにしながら広げます。
  3. 天日干しにしてカラカラになれば出来上がりです!

石づきの部分をカットする時は、周りを少し取り除けばかなり端の方まで使えます。ギリギリの部分まで無駄なく使うようにして下さい。

カットしてネットに並べると…。

干しえのき並べたところ

カットしたえのきをザルに並べます。この時は、えのきを4パック買ってきて、3段のネットに並べました。所々重なってしまっていますが、とりあえずはこれで様子を見ることにしました。

干しえのき 2時間後
そして、2時間後に見るとこんな感じになっていました。少し茶色くなっていますが、まだまだ乾燥には程遠い感じです。

ちなみに、この時は干し始めたのが15時ぐらいでした。スタートの時間が遅くなってしまったのも、あまり乾燥しなかった原因かもしれません。いろいろ調べたところ、夜はお家の中に入れた方がいいらしいので、この段階で室内に入れることにしました。

出来上がりが楽しみです!

もう少し干せば出来上がりの状態まできましたが、続きはまた次回報告しますね。

それにしても、こういう作業ってかなり楽しいかも~。干し野菜もそうなのですが、色がどんどん変化していって、栄養も凝縮されていくのを見ていると、あらためて太陽のパワーに感謝したくなります!

えのきダイエット継続中!

今回は、えのきダイエットの方法・干しえのきの作り方を、途中までご紹介しました。

えのきダイエットは、まだまだ継続中です。前回ご紹介した通り、私のえのきダイエットのやり方は細かく刻んだえのきを入れたお味噌汁(スープ)を、食事の時に必ず食べるという簡単な方法と、干しえのきを使う方法の2通りです。簡単な方法を取り入れると続けやすいですね。

これで、体重2㎏減をキープしています。さらに、お通じも改善されていて、この時期にしては肌の調子がすごく良いです。ダイエットをしている意識が全くないのに2㎏も減って、凄く嬉しいです。やはり、身体に良い食べ物を食べることって大切ですよね。これからもいろいろ試して食べてみようと思っています。

次回は、いよいよ干しえのきが完成するところまで、ご紹介しますね。