こんにちは。美優です。

寒くなってきましたね。食卓でお鍋を囲むことも多くなってきたのではないでしょうか。

お鍋に欠かせない食材と言えばきのこ。

きのこの中でも「えのき」については、以前「えのきダイエット」や「干しえのき」としてご紹介しました。実践されている方もおられるかもしれませんね。

私も、引き続き「干しえのき」を食べていますよ。

今日は、えのきの効果効能と栄養パワーなどをご紹介しますね。そろそろ、えのきの出番です!

スポンサーリンク




えのきにはどんな栄養が含まれているの?

えのき
えのきにはどんな栄養素が含まれているのでしょうか?

えのきに含まれている主な栄養素は主に次のようなものです。

  • 食物繊維
  • ビタミン類
  • パントテン酸
  • GABA
  • ナイアシン
  • キノコキトサン
  • β-グルカン
  • エノキタケリノール酸     などなど…。

えのきの効果効能は?

では、えのきの効果効能を、栄養素別に見ていきましょう。

食物繊維

まずは、食物繊維について見てみましょう。

えのきには、100グラム中に約4グラムの食物繊維が含まれています。特に、不溶性食物繊維が多く含まれているために、腸の動きを活発にして、便秘の解消や予防につながります。

腸内に溜まった老廃物を食物繊維が絡めとるように体外へ排出し、身体の脂質の代謝を促すことで、ダイエット効果や美肌効果が期待できます。

ビタミン類

続いて、ビタミン類です。

えのきには豊富なビタミンB1やビタミンB2などのビタミン類が多く含まれています。

ビタミンB1はエネルギーを作り、ビタミンB2は脂質の代謝を促す働きをします。このため、疲労回復効果や、細胞の新陳代謝を活発にする効果があるようです。

パントテン酸、GABA

パントテン酸やGABAはどうでしょうか。

パントテン酸は、神経伝達物質や副腎ホルモンなどの合成を助ける働きをするといわれています。そのために、ストレスを緩和したり、精神を安定させる効果があるようです。

また、GABAにもストレスを軽減する効果があるといわれています。

スポンサーリンク

ナイアシン

ナイアシンは?

ナイアシンには、血液をサラサラにしたり、血管を拡張することによって血流を良くする働きがあります。

また、脳神経の働きを正常に保つ働きもあるために、冷え性の改善や頭痛を緩和させる効果があるようです。

さらに、アルコールの分解を促進する働きによって、二日酔い予防にも役立つともいわれています。

キノコキトサン

きのこといえば、キノコキトサンですね。

食物繊維の一種に分類されるキノコキトサンには、便秘の解消や予防、美肌効果だけでなく、免疫力を高める効果があるといわれています。

エノキタケリノール酸

最後に、エノキタケリノール酸です。

エノキタケリノール酸には、以前もお伝えしたように、身体の余分な脂肪を体外に排出してくれる効果があるようです。

このため、高いダイエット効果が期待できます。

食生活にえのきをプラス!

今回は、えのきの栄養や効果効能などをご紹介しましたが、いかがでしたか?改めて、えのきの栄養パワーに驚きますよね。

毎日の食生活にえのきをプラスすれば、健康パワーと美容パワーを同時に得られそうです。

もし、ダイエット効果を上げたいという場合は、細かく刻むのがポイントですよ!そして、冷凍するのもおすすめです。

ぜひ試してみて下さいね。きのこってスゴイ!

スポンサーリンク