こんにちは。美優です。

毎年、同じ時期にやってくる夏至。

今までは、夏至の日に、ニュースなどで見て「へえ~っ、今日は夏至なんだぁ。」と思うぐらいで、特に何もしませんでした。

でも、なぜか気になるんですよね。暦に合わせて何かをする、という日本人ならではの感覚でしょうか。

そこで、今年は何かすることがあれば、やってみようと思って、調べてみました。

すると、ライトダウンキャンペーンという文字が目に留まりました。

 

今回は、夏至の日・2019年はいつなのか、ライトダウンキャンペーンとは何か、についてお伝えします。

スポンサーリンク



2019年の夏至の日はいつ?

夏至のイメージの青空
2019年の夏至の日は、6月22日(土)です。

実は、夏至の日は、毎年同じではありません。その年によって前後します。

ちなみに、2019年の夏至の日は6月22日(土)ですが、その後、2020年~2055年までは6月21日が夏至の日となっています。

 

夏至の日は、一年の中で、昼間の時間が一番長いとされている日。

毎年、夏至の日の頃になると、「なんとなく日が長くなったなぁ。」と感じるようになることがありますよね。

これって、動物のカンなのでしょうか^^

そして、私が夏至の日について調べている時に目に留まった、ライトダウンキャンペーンという文字。

とっても気になります。

 

では、続いて、ライトダウンキャンペーンについてご紹介しますね。

もしかすると、すでにあなたはご存知かもしれません。

でも、名前と意味などを改めて確認していただければと思います。

ライトダウンキャンペーンとは?

日差しが降り注ぐテラス
ライトダウンキャンペーンとは、2003年から環境省が行っているもので、CO2削減のために、一斉消灯を呼びかける取り組みのことをいいます。

ライトダウンキャンペーンの正式名称は、「CO2削減・ライトダウンキャンペーン」です。

このキャンペーンは、現在、1年に2回行われていて、それぞれに、次のような名前と意味があります。

1:「夏至ライトダウン」

1つめが、夏至に行われる「夏至ライトダウン」です。2003年より、環境省が地球温暖化防止のために実施を始めました。

2018年は、6月21日の夏至の日に行われました。

2:「7/7クールアース・デー ライトダウン」

七夕の笹の葉
2つめが、七夕に行われる「7/7クールアース・デー ライトダウン」です。

2008年7月7日の七夕の日に、G8サミットが開催されたことを受けて、実施を始めました。

2018年も、7月7日の七夕の日に行われました。

この2つのライトダウンキャンペーン当日は、20時~22時の間に、全国の各家庭やライトアップ施設の、一斉消灯を呼びかけます。

そして、ライトダウンキャンペーンによって、どのぐらい電力が削減できたかを集計して、環境省のライトダウンキャンペーン公式サイトで発表しています。

 

では実際に、どのような施設で、ライトダウンキャンペーンが行われるのでしょうか。

次に、過去にライトダウンキャンペーンが行われた、主な施設をご紹介しますね。



ライトダウンキャンペーンはどこで行われるの?

東京スカイツリーと夜景
過去にライトダウンキャンペーンが行われた主な施設は、次の通りです。

北海道五稜郭タワー
秋田県ポートタワーセリオン
東京都東京タワー
東京都東京スカイツリー
東京都東京駅
東京都レインボーブリッジ
富山県富山城・富山城址公園
大阪府大阪城
大阪府通天閣
兵庫県神戸ポートタワー
兵庫県姫路城
愛媛県松山城
福岡県福岡タワー
沖縄県首里城公園

多くの施設でライトダウンキャンペーンが行われます。

さらに、さまざまな団体や一般家庭もライトダウンキャンペーンに参加します。素晴らしい取り組みですね。

まとめ

紫のアジサイの花
今回は、夏至の日・2019年はいつなのか、ライトダウンキャンペーンとは何か、についてお伝えしました。

あなたの職場やご家庭でも、ぜひ夏至の日のライトダウンキャンペーンに参加してみてはいかがでしょうか。

 

夏至には、さまざまな料理を食べたり、昔からの風習もあります。

でも、こんな風に、現代ならではの取り組みに参加するのも良いですね。

と、この記事を書いている途中に、そうそう!思い出しました!

そういえば、以前勤めていた職場でも、ライトダウンキャンペーンに参加していました。

その日は、残業を早く終えて帰宅するというものでした。

「ライトダウンする夜は、みんなが地球を想う夜。」

ライトダウンキャンペーンのスローガンのように、私も今年の夏至の日は、地球を想う夜にするつもりです。

「ライトダウンする夜は、みんなが地球を想う夜。」

引用:ライトダウンキャンペーン – Cool Choice – 環境省
スポンサーリンク