こんにちは。美優です。

あなたは、グルテンフリー(Gluten Free)という言葉を聞いたことがありますか?

「何となく聞いたことはあるけど、正直、何のことやらさっぱりわからない!」

「でも、身体に良さそうだし、美容やダイエット効果があるなら、ちょっと試してみてもいいかも!」

「グルテンフリーの効果はないの?あるの?」

そんな風に思いながらも、面倒そうだし、なかなか調べる気になれない。そんなあなたのために、今回は、グルテンフリーの効果などについて、わかりやすくお伝えします。

グルテンフリーについて、意味から知りたい!というパン好きのあなたはチェックして下さいね。

スポンサーリンク




グルテンフリー(Gluten Free)の意味は?

たくさんの美味しそうなパン
ではグルテンフリーの意味について知る前に、グルテンの意味から知っておきましょう。

グルテン(Gluten)とは?

グルテンとは、穀物に含まれている、たんぱく質の一種で、食品などの粘り気のもととなるものです。小麦粉に含まれているのは有名ですが、ライ麦や大麦にも含まれています。

小麦粉に水を加えて練ることで、グルテニンとグリアジンが網目状につながって、グルテンが生成されます。このグルテンが、パンのモチモチ感などを左右する要素となっています。

グルテンは、パンやうどんなどの小麦製品だけのものだと思われがちですが、そうではありません。他にも、さまざまな食品の調味料や、練り製品、化粧品などにも使用されています。

グルテンフリー(Gluten Free)の意味とは?

グルテンフリーとは、先ほどのグルテンを含む食品を摂取しない食事法のこと、およびグルテンを含まない食品のことです。グルテンフリーというと、食事法だという認識をされる方が多いですよね。でも、厳密に言うと、グルテンを含まない食品そのものを指すこともあります。

グルテンフリーとは、グルテンを摂取しない食事法や、グルテンを含まない食品のことなんですね。

では、グルテンフリーについて、さらに詳しく見ていきましょう。

グルテンフリーは食事法?ダイエット法?健康法?

グルテンフリーのおやつ
グルテンフリーは、食事法です。

グルテンフリーは、もともと、グルテンに過敏に反応する人たちの、病気や不調などを改善するために用いられるようになった食事法です。ですので、健康な人が実践して効果が得られるという科学的な根拠があるものではないのです。

つまり、グルテンフリーが必要な人と、そうではない人がいるということです。

ただ、グルテンを摂りすぎると、便秘やむくみなどの不調の原因になるという考え方があります。そうしたことから、セレブなどの間で「グルテンフリー・ダイエット」として、グルテンを含む食品を摂らないダイエット方法が広まりました。

その結果、グルテンフリーという言葉が、ダイエット法や健康法として広まっていったようです。

では、グルテンフリーが必要な人とは、どんな人なのでしょうか?

グルテンフリーが必要な人は?

グルテンフリーのケーキ
グルテンフリーが必要な人は、次の3つに当てはまる人です。

  1. セリアック病の人
  2. グルテン過敏症やグルテン不耐症の人
  3. 小麦アレルギーの人

1.セリアック病の人

セリアック病の人は、グルテンを摂取すると、免疫システムが過剰に反応してしまいます。このため、腸の壁を破壊して消化不良などを起こしてしまうのです。遺伝性の疾患だと考えれていますが、グルテンを摂取しないことで、症状が抑えられるようです。

2.グルテン過敏症やグルテン不耐症の人

グルテン過敏症やグルテン不耐症の人も、セリアック病の人とよく似た症状が起こってしまいます。便秘や下痢、腹部膨満感などの胃腸障害だけではなく、貧血などの症状が現れます。また、ホルモン分泌がうまくいかなくなるために、抑うつ症状や慢性疲労、偏頭痛などが起こる場合もあるようです。

3.小麦アレルギーの人

小麦アレルギーの人は、グルテンを摂取すると、2時間程度で消化器や皮膚、呼吸器などに症状が現れます。食べた時に「いがいがする」「苦い」という時は、小麦アレルギーの可能性があるかもしれません。

また、小麦の花粉によって、花粉症の症状が現れることもあるようです。小麦アレルギーの方は、加水分解小麦を含んだ石鹸にも注意が必要です。

 

このように、グルテンフリーが必要な人とは、グルテンを摂取するとさまざまな症状を起こしてしまう人です。

「え?じゃあ結局、グルテンフリーの効果はないの?あるの?」と、気になりますよね。

では次に、グルテンフリーの効果について見ていきましょう。

参考:妹尾小児科・小麦アレルギー

グルテンフリーの効果はないの?あるの?

美味しそうなカンパーニュ
先ほど、グルテンフリーは、病気や不調などを改善するために用いられるようになった食事法だとご紹介しました。ただ、健康な人の中でも、グルテンフリーを実践することで、ダイエットに成功したり、さまざまな不調が改善する場合もあります。

それは、なぜでしょうか?

これは、あくまでも予想ですが、ダイエットに成功する人は、グルテンフリーというよりも、普段からグルテンを摂り過ぎている場合です。

このような人は、グルテンだけではなく、食べ物全体の摂取量を減らすことによって、さまざまな効果が得られるのではないでしょうか。

その一方で、さまざまな不調が改善する人は、もしかすると、グルテンが原因の不調だったのかもしれません。その場合には、一度病院で診察を受けることをおすすめします。検査によって、その不調の原因が、グルテンかどうかを調べてもらうことができます。

どちらにしても、短期間の軽いグルテンフリーなら、試してみても良いかもしれませんね。

グルテンフリーの2つの効果とは?

グルテンフリーには、次のような2つの効果が期待できます。

1:腸内環境の改善ができる

1つめの効果は、腸内環境の改善ができることです。グルテンを摂取しないことで、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制することができるといわれています。このため、腸が健康になり、美肌や便秘解消などにつながるようです。

2:食事を見直すきっかけとなる

2つめの効果は、食事を見直すきっかけとなることです。普段から、パンやケーキなどを食べ過ぎている、外食が多いという方には良いきっかけとなります。グルテンフリーを実践して、「あれっ?食べるものがない。」と感じる方は、もしかすると、食事が偏っているのかもしれませんね。

グルテンフリーの3つの注意点

では最後に、グルテンフリーの注意点について、お伝えします。グルテンフリーを実践する場合は、次の3つの点に注意が必要です。

1:医師に相談してから

1つめの注意点は、長期間行う場合や持病がある場合は、医師に相談してから行うということです。グルテンフリーは、極端な方法で行うと、栄養失調になったりする危険があります。持病がある方はもちろんですが、健康な方でも、長期間行う場合には注意が必要です。

2:ストレスが溜まりそうならやらない

2つめの注意点は、ストレスが溜まりそうならやらない、ということです。食べることというのは、楽しみですよね。グルテンフリーでその楽しみを押さえつけてしまうと、ストレスになるかもしれません。前向きに、綺麗になるためにグルテンフリーをする!というのなら良いですが、ストレスが溜まりそうだなぁ、という方にはおすすめできません。

3:実践後のリバウンドに注意する

3つめの注意点は、グルテンフリーを実践した後、リバウンドに注意する、ということです。グルテンフリーは、想像以上にきついものです。普段何気なく食べているものにも、実は、かなりの確率でグルテンが入っています。ですので、グルテンフリーをしている間は我慢することが多くなります。

そして、グルテンフリーを実践した後に、一気にまたパンやパスタなどをたくさん食べてしまうことがあります。その結果、リバウンド!ということになってしまいますので、注意して下さいね。

参考:日経電子版・「グルテンフリー・ダイエット」の大誤解

まとめ

フルーツがたくさん乗ったワッフル
今回は、グルテンフリーの効果などについて、お伝えしました。

グルテンフリーは、もともとはダイエット法ではなく、病気やアレルギーの症状を改善するための食事法だということが、おわかりいただけたでしょうか。

あなたがもし、グルテンフリーを試してみたいなら、ご自分の身体に必要な食事法かどうかを、きちんと見極めて実践して下さいね。

と、言いながらも、日頃から好きなものばかり食べていると、どうしてもグルテンを摂り過ぎなのかな、と思うことがあります。

なので、私も体調管理のために、時々グルテンフリーを実践しています。でも、極端なことはしません。

ただ、自分の食生活の調整という意味で実践するようにしています。基本的には、いろいろなものを楽しみながら食べるようにするのが一番良いですよね。

だって、パンとかケーキって美味しくて、テンションも上がって幸せな気分になれるし!

何事もほどほどに。。。ということですね!

スポンサーリンク