グレープフルーツには身体に良い成分がたくさん含まれています。その成分に魅力を感じるのはもちろんですが、私はもともと、グレープフルーツが大好きです。普段からよく食べています。

みなさんは、グレープフルーツをどのようにして食べますか?

私の場合は、ちょっと変わった食べ方をします。これが、みなさんにもやってみていただきたい、おすすめの食べ方なのです。今回は、グレープフルーツの主な成分とちょっと変わった食べ方をご紹介します。

スポンサーリンク




グレープフルーツといえば

グレープフルーツ
グレープフルーツといえば、柑橘類の中でも爽やかな酸味があってとっても美味しいフルーツですね。グレープフルーツには、ホワイトやルビーなどの種類があり、どれも美味しいのですが、私が特に好きなのは果肉がきれいな色のルビーという種類のグレープフルーツです。

一般的に、グレープフルーツは「酸っぱい」とか「苦味がある」などのイメージがあるために、苦手だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも、私はそのほろ苦さすら美味しく感じます。特に、ルビーはとっても甘くて、酸味も程よく、美味しいのでおすすめです。

グレープフルーツの主な成分

グレープフルーツの主な成分は次のようなものです。どれも魅力的な成分です。

  • ビタミンC
  • ナイアシン
  • クエン酸
  • リモネン
  • ナリンギン

参考:HEALTH 美容・健康・ダイエット 「フロリダ グレープフルーツのカラダにいい成分」
「フロリダ グレープフルーツのカラダにいい成分」 より

ちょっと変わった食べ方とは?

ところで、グレープフルーツを食べる時、みなさんはどんな食べ方をしますか?ほとんどの方が、半分にカットしてギザギザスプーンで食べるのではないでしょうか。でも、私の場合は、ちょっと変わった食べ方をします。その食べ方は、こんな感じです。

  • グレープフルーツの上下を切り落とし、皮を厚めにむく
  • 白い薄皮を手である程度むく
  • 八朔などのように、ひと房ずつむいて食べる

この時のポイントは、皮を厚めにむく時に白い薄皮を残すようにすることです。後からひと房ずつむくので、ここでは敢えて薄皮を残します。

実際にやってみるとわかるのですが、この食べ方だとグレープフルーツを無駄なく全部食べることができます。果肉がポロッと取り出せるのです。慣れてくるとどんどんきれいに取り出せるようになります。 面白いほどきれいに取り出せるので、ぜひ試してみて下さい。

グレープフルーツにはリラックス効果も!

今までグレープフルーツが苦手だった方も、ルビーなら食べやすくて大丈夫かもしれません。栄養面はもちろん、グレープフルーツに含まれる「リモネン」という香り成分によるリラックス効果も期待できるので、一度食べてみられてはいかがでしょうか。

ただし、くれぐれも、包丁で皮をむく時は、ケガをしないように気をつけて下さい。それから、食べる時には周りに果汁が飛び散るので注意して下さいね。

クナイプのバスソルトもおすすめです。

クナイプ バスソルト ハッピーフィーリング グレープフルーツ&ブラッドオレンジの香り 600g×2個 (2個セット)

価格:3,456円
(2018/1/8 15:34時点)
感想(0件)