紫外線対策に欠かせない日焼け止め、みなさんはどのように選んでいますか?

ひとくちに日焼け止めといっても、肌の状態や目的によって、選ぶポイントは違います。このポイントを間違えてしまうと、肌荒れなどのトラブルにもつながります。

特に、肌に合った日焼け止めを選ぶことは、敏感肌には、とっても大切です!

そこで今回は、敏感肌の日焼け止めの選び方として、5つのポイントをご紹介します。日焼け止め選びで悩んでいる敏感肌の方は、ぜひ参考にして下さいね。

スポンサーリンク




敏感肌の日焼け止めの選び方・5つのポイント

小さい日傘とたんぽぽ
敏感肌の日焼け止めの選び方には、次の5つのポイントがあります。

  1. ノンケミカルかどうか
  2. パラベンフリーかどうか
  3. エタノールフリーかどうか
  4. SPFとPAの数値はどうか
  5. 石鹸で落とせるかどうか

これらの5つのポイントは、とっても大切です。逆に、これらの5つのポイントをしっかりと押さえれば、敏感肌でも、ほぼ安心して使える日焼け止めだといえます。

※ただし、肌の状態によっては、合わないこともあるので、必ずしも全員の方が安心できるとは限りません。

では、5つのポイントについて、順番に見ていきましょう。

1:ノンケミカルかどうか

日焼け止めと麦わら帽子
1つめのポイントは、ノンケミカルかどうか、ということです。

日焼け止めに入っている、紫外線を防ぐための成分には、大きく分けて2つの種類があります。1つはノンケミカルといわれる「紫外線散乱剤」、もう1つはケミカルといわれる「紫外線吸収剤」です。

敏感肌には、ノンケミカルの日焼け止めをおすすめします。その理由は、それぞれの特徴にあります。では、ノンケミカルとケミカルの特徴を見ておきましょう。

ノンケミカル「紫外線散乱剤」とは?

ノンケミカル「紫外線散乱剤」は、肌に当たる紫外線を散乱させて、反射させる働きをするものです。単純に、肌の上で紫外線を跳ね返すので、肌への影響は少ないといわれています。

白浮きするというデメリットはありますが、肌への負担は、ケミカルに比べると軽くなります。

主な成分としては、次のようなものが挙げられます。

  • 酸化亜鉛
  • 酸化チタン

ケミカル「紫外線吸収剤」とは?

ケミカル「紫外線吸収剤」は、肌に当たる紫外線を吸収して、肌への侵入を防ぐ働きをするものです。紫外線を吸収して、別のエネルギーに変える時に、肌の上で化学反応を起こすので、肌への影響が心配されます。

汗で崩れにくい、白浮きしない、伸びが良い、などのメリットがある一方で、肌への刺激が強いものです。そのため、敏感肌にとっては、ピリピリと刺激を感じたり、炎症を起こしたりする危険性のあるものです。

主な成分としては、次のようなものが挙げられます。

  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • オキシベンゾン-3
  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

ケミカルは、刺激が強いものですので、敏感肌には、ノンケミカルの日焼け止めを選びましょう。また、日焼け止め効果が高いものほど、多くの「紫外線吸収剤」が使われることになりますので、肌が乾燥したり、負担がかかりやすくなります。

敏感肌ではなくても、注意した方が良さそうですね。

2:パラベンフリーかどうか

日当たりの良い庭
2つめのポイントは、パラベンフリーかどうか、ということです。

パラベンは、日焼け止めや化粧品、飲料などに、防腐剤として使われている成分です。さまざまな種類がある「パラオキシ安息香酸エステル」の総称として、パラベン(paraben)と呼ばれています。

日焼け止めを長持ちさせるために、防腐剤は必要なものかもしれませんが、人によってはアレルギーを起こす可能性があるといわれています。ですので、敏感肌には、パラベンの入っていない、パラベンフリーの日焼け止めをおすすめします。

ただし、パラベンフリーということは防腐剤が入っていないということです。ですので、取り扱いには注意が必要です。使う時は、清潔な手で扱い、できる限り早めに使い切るようにして下さいね。

3:エタノールフリーかどうか

庭にあるパラソル
3つめのポイントは、エタノールフリーかどうか、ということです。

エタノールとは、アルコールのことで、日焼け止めや化粧品などには、よく使われている成分です。エタノールが入っているものには、清涼感や爽快感があります。だから、エタノールが含まれた化粧水などを使うと、さっぱりとした感じがするのです。

でも、その刺激が、敏感肌にとっては良くないのです。また、エタノールには揮発性があるため、肌が乾燥しやすくなるともいわれています。乾燥肌にも、注意が必要ですね。

4:SPFとPAの数値はどうか

日焼け止めのボトル
4つめのポイントは、SPFとPAの数値はどうか、ということです。

紫外線には、UVB(B波)とUVA(A波)があるというのは、みなさんご存知ですよね。UVBは、波長が短く、肌の表面に炎症をおこしたり、シミの原因を作ったりします。また、UVAは、波長が長く、肌の奥まで侵入して、肌を老化させたり、ハリを失わせたりします。

そのUVB(B波)とUVA(A波)を防ぐのが、SPFとPAなのです。

SPFはSun Protection Factorを略したものです。UVB(B波)を防ぎ、数値が大きくなればなるほど、日焼け止め効果があります。例えば、SPF20とSPF50なら、SPF50の方が、より効果が高くなります。

PAは、Protection grade of UVAを略したものです。UVA(A波)を防ぎ、+の数が多くなるほど、日焼け止め効果があります。例えばPA+にくらべると、PA++++は、きわめて効果が高い、ということになります。

ただし、このSPFとPAの数値が高い日焼け止めには、それだけ多くの成分が使われているということです。その分、肌への負担が大きくなります。ですので、敏感肌には、できるだけ最低限の数値のものをおすすめします。

できれば、SPFなら30まで、PAならPA++までにしておくのが良いですね。

5:石鹸で落とせるかどうか

カモミールの石鹸
5つめのポイントは、石鹸で落とせるかどうか、ということです。

これは、とっても大切なポイントです。石鹸で落とせるということは、普段のメイクと同様に、それだけ化学的な成分が少ない日焼け止めだといえます。

敏感肌には、日焼け止めを付けている時だけでなく、落とす時も、できるだけ刺激がないようにすることが大切です。

かといって、落とし方が不十分で、日焼け止めが肌に残ってしまうのも良くありません。肌に刺激を与えないように注意をしながらも、丁寧に落として下さいね。

まとめ

帽子とサングラス
今回は、敏感肌の日焼け止めの選び方として、5つのポイントをご紹介しました。いかがですか?肌に負担をかけない日焼け止めが選べそうでしょうか。

私自身は、日焼け止めによる肌へのダメージを避けるために、オイルを薄くつけてから、日焼け止めを塗るようにしています。

また、日焼け止めは最小限にして、日傘や帽子、サングラスなどで紫外線対策をするのも、おすすめですよ。私は、真冬以外は、ずっと日傘をさしています。ベランダに出る時も、帽子をかぶります^^

よろしければ、試してみて下さいね。

スポンサーリンク