ホタルイカといえば、小さくて可愛いのに、とっても美味しいですよね。

ホタルイカが大好きな私は、毎年

「そういえば、今年もそろそろかな…。」

と旬の時期を心待ちにしています。

今回は、ホタルイカの旬の時期と、栄養や食べ方についてお伝えします。

スポンサーリンク




ホタルイカの旬の時期は?

ホタルイカ酢味噌
ホタルイカの旬の時期といえば、春です。

産地によっても少し違いますが、だいたい3月~5月に旬の時期を迎えます。

なので、ホタルイカ漁も、この時期が最も盛んな時期となります。

では、ホタルイカの産地はどこなのでしょうか?

ホタルイカの産地

生のホタルイカ
ホタルイカの産地というと、日本海側のイメージがあるかもしれません。でも、わずかですが、太平洋側にもホタルイカの産地はあるんですよ。ホタルイカの産地は次の通りです。

  • 富山県
  • 兵庫県
  • 福井県
  • 鳥取県
  • 静岡県(駿河湾)
  • 神奈川県(相模湾)

それでもやはり、ホタルイカの産地で有名なのは、富山県と兵庫県です。どちらも日本海側ですね。ちなみに、ホタルイカの漁獲高は、兵庫県が第1位だそうです。

ちなみに、富山県では「ホタルイカの身投げ」が有名ですよね。

富山県では、夜にホタルイカの漁を行います。この時に、ホタルイカの群れが青く光るのです。その様子が「ホタルイカの身投げ」と呼ばれています。

「ホタルイカの身投げ」は、富山湾の特別天然記念物 になっています。幻想的な漁の様子へ、観光の名物としても人気ですね。

兵庫県のホタルイカの漁は、夜ではないので、残念ながら「ホタルイカの身投げ」はありません。でも、兵庫県のホタルイカも美味しいですよ!

 

続いて、ホタルイカの栄養について見てみましょう。

ホタルイカの栄養は?

ホタルイカと日本酒
ホタルイカには、次のような栄養が含まれています。

  • ビタミンA(レチノール)
  • ビタミンB12
  • ビタミンE
  • タウリン

ホタルイカには、ビタミンやアミノ酸などが豊富に含まれています。

特に、ビタミンEやビタミンA(レチノール)が豊富で、抗酸化作用によって、生活習慣病を予防する効果が期待できます。また、タウリンには、肝機能を向上させたり、内臓の働きを安定させる働きがあるといわれています。

しかも、ホタルイカは丸ごと食べるので、栄養も丸ごと摂取できるというわけです。これは良いですね!

では、最後に、ホタルイカの食べ方をご紹介しますね。

ホタルイカの食べ方

ホタルイカの天ぷら
ホタルイカは、いろいろな料理で、いろいろな食べ方ができます。でも、やはり、ボイルして酢味噌で食べるのが一番のおすすめです。

ただし、その時に、ボイルしたホタルイカの目を取って、軟骨を抜いておきましょう。さらに、足の付け根?のところにある、くちばしも取っておきましょう。

この処理をするのとしないのとでは、美味しさに差が出ます。他の料理にホタルイカを使う時も、できれば、この処理はして下さいね。

他には、定番の食べ方として、ホタルイカと大根の煮物や、ホタルイカの沖漬けがあります。天ぷらにしたり、ピザやパスタにも合いますよ。旬の時期のホタルイカならではの、サラダも美味しいです!

こんな風に、ホタルイカの食べ方はどんどん出てきます!それほど、旬の時期のホタルイカは、いろいろな料理にアレンジしやすいのです。

生のホタルイカには注意!

ただし、生のホタルイカには寄生虫がいるので注意が必要です!食べる時は、必ず、加熱をしましょう。

加熱をする、または、冷凍することで、寄生虫の被害は防ぐことができます。ですので、販売されているものも、冷凍処理されているかどうかを確かめましょう。

寄生虫によって、皮膚にミミズ腫れができたり、嘔吐や腹痛などが起こる危険性があります。場合によっては、腸閉塞になることも。

ですので、ホタルイカを購入する時は、きちんと処理されているものだけを購入して下さいね。

まとめ

ホタルイカのパスタ
今回は、ホタルイカの旬の時期と、栄養や食べ方についてお伝えしました。

旬の時期のホタルイカは、プリッとしていて、本当に美味しいです。他の時期に食べるのとは比べ物にならない程です。

ホタルイカは、旬の時期を逃さず、美味しい時期に食べたいですね!

スポンサーリンク