こんにちは。美優です。

野菜がもの凄~く高い時ってありますよね。

特に、葉物野菜が高い時期には、毎日どうやって献立を立てるか、頭を悩ませるところです。

 

そこで、今回は時短・簡単レシピ「トマトジュースの炊き込みご飯」をご紹介します。

葉物野菜が高い時期でもへっちゃら!

ちょっとした工夫で、葉物野菜が高い時期乗り切りましょう♪

炊飯器で簡単に作ることができますよ。

スポンサーリンク



「トマトジュースの炊き込みご飯」で野菜の栄養を少しでも

トマトジュースの炊き込みご飯出来上がり

葉物野菜が高くなると、その連鎖反応で他の野菜まで高くなっていることがあります。

野菜好きの私としては、野菜がもの凄~く高い時には、毎日どうやって献立を立てるか、頭を悩ませます。

あなたも、きっとそうですよね。

でも、毎日の事なのでいろいろと工夫をしていても、なかなか難しいのが現状。

今回ご紹介する「トマトジュースの炊き込みご飯」は、野菜の栄養を少しでも摂りたいと思って、ひらめいたメニューです。

先に言っておきますが…本当に簡単です。楽をしすぎて、ごめんなさい。

では早速、「トマトジュースの炊き込みご飯」の作り方をご紹介します。

「トマトジュースの炊き込みご飯」の作り方

トマトジュース炊き込みご飯トマトジュースを入れる
まずは、材料からご紹介していきますね。

材料

  • 米:2合。今回は玄米を使用しています。どちらかというと、白米の方がこのメニューには向いているかもしれません。
  • 野菜:たまたま白菜が安く購入できたので、白菜4分の1と玉ねぎ2分の1を全て使いました。それと同量ぐらいの野菜をお好みで入れて下さい。
  • きのこ:しめじを1パックと干しえのきを大さじ2使用しました。お好みのきのこを入れて下さい。
  • トマトジュース:ご飯を炊く時に、お水の代わりに少なめの分量で使います。
  • 調味料:みそ(小さじ1)、塩(ほんの少し)、こしょう、和風だし(少量・ブイヨンでもOK)
  • その他:コクを出すには、鶏肉を入れても美味しくできます。

続いて、作り方です。

作り方

トマトジュースの炊き込みご飯具を入れる
  1. 普段通りにお米をとぐ
  2. お水の代わりにトマトジュースを入れる。
  3. 軽く塩、こしょうをする
  4. 好みで和風だしを少し入れる
  5. 一口大にカットした野菜ときのこを入れる
  6. 小さじ1の味噌を所々に散らすようにして入れる
  7. 普通に炊き上げる

トマトジュースを入れる時は、目盛りを見ながら入れます。

 

次に、作り方のポイントを見てみましょう。



作り方のポイントは?

材料を入れたら味噌を入れる
作り方の時のポイントの1つめは、きのこの下処理です。

きのこはできるだけ手で裂いて、一度冷凍庫に入れて下処理をしておきます。

食感が良くなるだけでなく、炊き上がりのきのこの香りが良くなりますよ!

そして、作り方の時のポイントの2つめはトマトジュースの分量です。

野菜の種類によっては、野菜から水分が出ます。

今回私が使った白菜の場合、特にかなりの水分が。

ですので、トマトジュースを入れる時は、目盛りよりも少し分量を減らして入れるのがポイントです。

炊き上がりはまるでチキンライス!

チキンライスのような炊き上がり
「トマトジュースの炊き込みご飯」の炊き上がりは上の写真のようになります。

あとは、サックリと混ぜて器に盛り付ければ出来上がり!です。

こんなに簡単なのに、炊き上がりはまるでチキンライスです!

お米をといで、材料をカットして、スイッチをいれるまで10分もかからなかったので、かなり時短ができました。

しかも、トマトジュースを使うので、ケチャップのようにお砂糖が入っていない分、さらにヘルシーです。

味付けやトマトジュースの量は調整して下さい。野菜ときのこがたっぷりと摂れますよ。

まとめ

今回は時短・簡単レシピ「トマトジュースの炊き込みご飯」をご紹介しました。

「トマトジュースの炊き込みご飯」は炊飯器で簡単に作ることができます。

あなたも、ぜひ作ってみて下さいね。

 

ちょっとした工夫をすれば、葉物野菜が高い時期も乗り切ることができますよ。

あとは、ニュースをチェックしながら、野菜の高騰のピークが過ぎるのを祈るばかりです^^