こんにちは。美優です。

カエルの鳴き声というと、「ゲロッゲロッ」とか「ケロッケロッ」というのが一般的ですよね。

でも、カエルがみんな「ゲロッゲロッ」とか「ケロッケロッ」と鳴くのも変だな。

もしかして種類によって違うの?

ちょっと気になったので調べてみました。

今回は、カエルの鳴き声が種類によって違うのかどうか、どんな鳴き声なのかについて、お伝えします。

子供さんと一緒に真似して楽しんでみて下さいね。

夏休みの自由研究に良いかもしれません!

スポンサーリンク




カエルの鳴き声は種類によって違うの?

アマガエル
田舎道などでカエルの鳴き声を聞くと「あ~田舎っていいな。」って思いませんか?そろそろそんな季節になってきました。

実は、カエルの鳴き声は、種類によって違うんですよ!あなたはご存知でしたか?

7種類のカエル・鳴き声の違いと特徴

カエルの種類は、日本で約40種類程度も生息しているといわれています。ここでは、その中から、7種類のカエルの鳴き声の違いと特徴をご紹介します。

それぞれ、どんな鳴き声なのでしょうか。もしかすると、聞いたことがない鳴き声もあるかもしれませんね。

では、さっそく見ていきましょう。

1:トノサマガエル

鳴き方

「ゲゲゲッ」「ケケケケッ」

特徴

体長5~10cm。色は、灰色や黒っぽい緑色。背中のラインが緑色ならオス、黄色っぽいならメス。

一度に大量の卵を産み付けるが、現在は「準絶滅危惧種」に指定されるほど数が減少している。ミミズや昆虫を食べるので、田んぼでは害虫駆除の役割を担っていた。

数が減少するのは農家さんにとっても困ったことのようです。この動画は、「田んぼに水を貼ったら…」というのが良いですね。

2:アマガエル

鳴き方

「クワックワッ」「ゲッゲッゲッ」

特徴

体長2~4cm。色は普段は緑色。メラニン細胞刺激ホルモンによって体の色を変化させることができる。このため、土の上や枯葉の上では茶色くなる。

漢字で書くと「雨蛙」。その名の通り、雨が降るのを察知することができる。指先の吸盤で、木の枝などをしっかりとつかめるので、ピョンピョンと飛び移るのも上手。

思ったよりも早いスピードで鳴いています。

3:ウシガエル

鳴き方

「モォー、モォー」「ブワァーン、ブワァーン」

警戒心が強く、威嚇する時には猫のような鳴き声になる。「ミャァー、ミャァー」

特徴

体長10~20cm。非常に大きい。色は、暗めの緑色に、黒い斑点がある。

牛のような大きな鳴き声。もともとは、アメリカやカナダに生息していた。食用として日本に入ってきたものが逃げて野生化した。食用ガエルとも呼ばれる。

※実は私、食べたことがあるんです!見た目からは想像できない美味しさだったのを覚えています。でも、後からカエルだと知って…姿を見てギョエ~!!ってなりました^^

ワンちゃんのお散歩中にウシガエルの鳴き声が。姿は見えませんが…。

 

カエルの鳴き声とは思えませんよね。

いかがですか?真似できそうですか?

次のカエルの鳴き声も、とっても可愛いですよ!



4:ヒキガエル(ガマガエル)

鳴き方

「ククッ、ククッ」「キャキャッ、キャキャッ」

特徴

体長10~12cm。色は、褐色系。イボ状のボツボツがある。

主に、昆虫を食べる。ヒキガエルを刺激し過ぎると耳線から毒の液を出すことがあるので、あまり刺激し過ぎないように注意。もしも毒液を触ったら、すぐに手を洗うこと。白い毒液が目に入ると、炎症を起こす危険がある。

繁殖期の夜になると田んぼに集まってきて、自分のなわばりから鳴き声でメスを誘う。

ヒキガエルって、鳴き声も色も可愛い!でも、毒液には注意!

5:ダルマガエル

鳴き方

「ウギャギャギャ、ウギャギャギャ」

特徴

体長3.5~9cm。色は緑色で、トノサマガエルに似ている。池や田んぼ・沼などに生息し、水から離れることはない。水が好きで、バケツの水に入れておいても逃げない。

後ろ足が短く、その姿をだるまに例えたのが名前の由来。日本には、ナゴヤダルマガエルとトウキョウダルマガエルが生息している。

「古池やかわず飛び込む水の音」のカエルは、ダルマガエルといわれている。

トウキョウダルマガエル。むっちゃ鳴いてる~^^

6:カジカガエル

鳴き方

「フィー、フィフィフィフィ」「ピピピピピピッ」

特徴

体長3~7cm。色は、茶褐色~灰褐色系の色が多い。背中がザラザラしていて、体全体に斑点の様なまだら模様がある。

美しい鳴き声が特徴。昔から書物にもよく取り上げられ、江戸時代から飼育されていた。

本当にカエル?と思わされる、とっても美しい鳴き声です。

スポンサーリンク

7:ネバタゴガエル

鳴き方

「ワンワン」

特徴

体長 約4~9cm。色は、黄土色や赤褐色など。タゴガエルとほとんど違いがない。

犬のような鳴き声が珍しい。2005年に長野県根羽村で発見され、2014年に学名がRana nebaとなった。長野県根羽村の天然記念物に指定されている。

「ウゥ~ワン!」という鳴き声が、可愛すぎてイチオシです!

ネバタゴガエルは、茶臼山高原カエル館にいますよ。
茶臼山高原カエル館

子供と一緒に真似してみましょう!

せっかくなので、子供さんと一緒に真似してみましょう!

「クワックワッ!」と真似して、カエルの種類を当て合いっこするのも楽しそうですね。

そして、カエルの種類によって鳴き声が変わるというのを、夏休みの自由研究にするのも良さそうです!

余談になりますが…カエルの鳴き声は、日本語では「ゲロッゲロッ」とか「ケロッケロッ」ですよね。では、英語ではどうなるかご存知ですか?

英語では、「ribbit ribbit」とか「croak croak」となります。

まとめ

葉っぱの上のカエル
今回は、カエルの鳴き声が種類によって違うのかどうか、どんな鳴き声なのかについて、お伝えしました。

いかがですか?カエルの鳴き声って、「ゲロッゲロッ」とか「ケロッケロッ」だけじゃないんですね。

それに、種類もたくさんいることがわかりました。でも、一番強く思ったのはコレです!

「鳴き声をカタカナで表現するのって難しい~!」

あなたも、子供さんと一緒に、いろいろな種類のカエルの鳴き声を聴いてみてください。

そして、カエルの鳴き声の真似をしながら、カタカナで表現してみて下さい。

中には、何回聴いてもわからない~!ってなる鳴き声もありますよ^^

スポンサーリンク