みなさんは、花粉症対策をいつから行っていますか?

ここ数年は、花粉症についての情報が増えたため、花粉症対策はもうバッチリ!という方もいらっしゃるでしょう。

2018年は、花粉の量が多いと予想されています。今まで花粉症じゃなかった方も油断はできません。しかも、花粉症対策を行うのに適した時期は、花粉症の原因となる、花粉の種類や飛散時期などによっても異なります。

そこで今回は、2018年の花粉症対策はいつから行えばいいのか、地域別の花粉の種類と飛散時期などについて、お伝えします。

スポンサーリンク




花粉症の対策は、早ければ早いほど良い

スギの枝
花粉症対策は、早ければ早い方が良い、といわれています。その方が、花粉症の症状を最小限に抑えることができるからです。

では、花粉症対策は具体的に、いつから行えばいいのでしょうか。2018年の花粉症対策について、見ていきましょう。

2018年の花粉症対策はいつからする?

スギ花粉飛散
花粉の中でも、早い時期から飛散するのがスギ花粉です。

2018年、スギ花粉は、実はもうすでに飛散が始まっているのです。しかも、量は少ないとはいえ、東北まで飛散が始まっています。ですので、理想からすれば、もっと前に花粉症対策をする必要があったのです。

一般的に、花粉症対策は、花粉の飛散が始まる2週間前までに始めるのが効果的だといわれています。ということは、できれば、1月下旬までには、始めていなければいけなかったということです。

わぁ、間に合わなかった!という方、まだ何かできる対策があるはずです。慌てずに、花粉症対策の方法を探して実践しましょう。

では次に、今後のために、地域別の花粉の種類や、花粉の飛散時期も見ておきましょう。

地域別・花粉の種類と花粉の飛散時期

ブタクサ
花粉症の原因となる花粉には多くの種類があります。日本では、50種類以上もの植物の花粉が原因といわれています。その中には、樹木だけでなく、草花も含まれています。スギやヒノキ以外の種類も確認しておきたいですね。

では、地域別の、主な花粉の種類と飛散時期を見ていきましょう。

北海道

主な花粉の種類

・スギ ・ヒノキ ・ハンノキ ・シラカンバ ・イネ ・ヨモギ

飛散時期

北海道では花粉が少ないといわれますが、4月~6月にかけて、シラカンバの花粉が飛散します。また、イネやスギ、ハンノキの花粉も少量ですが飛散します。特に、ハンノキやシラカンバなどの花粉には注意が必要です。

東北

主な花粉の種類

・スギ ・ヒノキ ・ハンノキ ・シラカンバ ・イネ ・ヨモギ ・ブタクサ ・カナムグラ ・カモガヤ

飛散時期

東北は、花粉の種類が多いのが特徴です。2月下旬~4月にはスギ、3月下旬~4月上旬にはヒノキ、5月~6月にはイネ、8月~10月にはブタクサ、9月にはヨモギの花粉が飛散します。特に、イネの花粉は、長期間の飛散に注意が必要です。

関東

主な花粉の種類

・スギ ・ヒノキ ・ハンノキ ・イネ ・ヨモギ ・ブタクサ ・カナムグラ

飛散時期

関東は、花粉の飛散時期が長いといわれています。また、花粉の量も多いということですので、しっかりした花粉症の対策が必要です。
2月~4月はスギ、3~4月はヒノキ、7月下旬~9月にはブタクサの花粉が飛散します。

東海

ヒノキ

主な花粉の種類

・スギ ・ヒノキ ・ハンノキ ・イネ ・ヨモギ ・ブタクサ ・カナムグラ

飛散時期

東海では、2月下旬~3月にスギ、3月下旬~4月上旬にヒノキの花粉が飛散します。関東に比べると、比較的花粉の量は少ないようですが、油断は大敵です。

関西

主な花粉の種類

・スギ ・ヒノキ ・ハンノキ ・イネ ・ヨモギ ・ブタクサ ・カナムグラ

飛散時期

関西でも、2月下旬~3月にスギ、3月下旬から4月上旬にヒノキ、2月下旬~4月上旬にスギの花粉が飛散します。また、3月~4月にハンノキの花粉が多くなります。9月にはヨモギやブタクサにの花粉にも注意しましょう。

九州

主な花粉の種類

・スギ ・ヒノキ ・ハンノキ ・イネ ・ヨモギ ・ブタクサ ・カナムグラ

飛散時期

九州では、早くも1月下旬から、スギ花粉が飛散し始めます。1月下旬~3月にスギ、3月上旬~4月上旬にヒノキ、4月~6月はイネ科の花粉に注意をしましょう。

参考:エスエス製薬・花粉症対策

まとめ

マスク2枚
今回は、2018年の花粉症対策はいつから行えばいいのか、地域別の花粉の種類と飛散時期などについて、お伝えしました。

2018年は、花粉の飛散量が、多くなると予想されています。花粉症対策をまだしていない方は、今からでも、何かできる対策を実践して下さいね。

さらに、花粉の飛散の状況は、地域や日によって、さまざまな変化があります。1日でも早く花粉症対策をするのと同時に、常に花粉の情報をチェックしておきましょう。