年を重ねるごとに、顔のたるみや乾燥が気になりませんか?

鏡を見てはちょっとへこんだり、メイクをするにもアイラインが引きにくくなったり…。

そんな年齢肌に合った化粧品って、なかなか探すのが難しいですよね。

私もアラフィフなので、顔のたるみ対策や保湿にはいつも頭を悩ませています。

そんな私が、年齢肌に効果があるのか、気になって試してみたのが、リズプラベールの化粧品です。

今回は、リズプラベールのクレンジングミルクとエッセンシャルオイルについて、使用感などをお伝えします。

スポンサーリンク




年齢肌とは?

リズプラベールのクレンジングミルクとエッセンシャルオイルをご紹介する前に、まずは年齢肌について知っておきましょう。

年齢肌とは、年齢を重ねるとともに、さまざまな変化があらわれた肌のことをいいます。

私が感じる、年齢肌のさまざまな変化は、主に次の5つです。

  • シミ
  • シワ
  • 乾燥
  • たるみ
  • 毛穴の開き

年齢肌の困ったところは、日によって肌の状態が変化するということです。加齢によってあらわれる変化は、ある程度仕方がありません。でも、日によって肌がベタついたり、時には乾燥したりと、なかなか肌の状態が安定しないのです。

しかも、女性の場合はちょうど更年期障害の時期と重なったりもします。なので、周りの人からすると「大したことないよ。」ということでも、本人にとっては深刻な悩みだったりするのです。

そんなこともあって、私も年齢肌の化粧品の効果を、日々探求しています。ただし、できるだけナチュラルな化粧品を選ぶようにしています。天然由来の美容エキスを使っているリズプラベールなら安心できる。そんな思いで、試してみることにしました。

私のような年齢肌に、リズプラベールは効果的だったのでしょうか。リズプラベールの使用感などをご紹介していきますね。

リズプラベールは年齢肌に効果的なの?

リズプラベールの箱
さて、リズプラベールは、年齢肌に効果的なのでしょうか。

リズプラベールのクレンジングミルクとエッセンシャルオイルが届きました。その日からさっそく使ってみます!まずは、クレンジングミルクから。

クレンジングミルクの使用感

クレンジングミルクのボトル
リズプラベールのクレンジングミルクです。きれいなボトルですね。日々使う化粧品は、こういうビジュアルの良さも楽しみの一つです。ポンプ式で使いやすそうなのも良いですね。
クレンジングミルクを手の甲に乗せた1回の使用量の目安は、2~3プッシュということです。わかりやすいように、手の甲に出してみました。

このクレンジングミルクを、顔全体に優しく馴染ませていきます。スルスルッと伸びますよ。この後、水かぬるま湯で優しく洗い流します。お湯で流した方がスッキリしました。

スッキリしながらも、潤っています。なんだか肌も柔らかくなった感じです。ダブル洗顔なしでメイクも汚れも落とせます。これは良いですね。ちなみに、夜に使う場合は2~3プッシュですが、朝に使う場合は1プッシュです。朝も使いたい方は、メイクをしていないという前提で、1プッシュですよ。

では、続いてエッセンシャルオイルを使ってみますね。

エッセンシャルオイルの使用感

エッセンシャルオイル
リズプラベールのエッセンシャルオイルは、その日の肌の状態に合わせて、いろいろな使い方ができるという特徴があります。その詳細については後ほどお伝えしますね。ここでは、基本的な使い方をご紹介します。

洗顔後は、軽くタオルドライをする程度にしておきます。次に、水に濡れた手にオイルを出します。1回の使用量の目安は、サクランボ大となっています。

手のひらで水とオイルを合わせると、乳化して乳液のようになります。これを顔全体に広げていきます。すると、フワッと良い香りが…。

あれっ?これって何の香り?オレンジ?

天然由来の成分でできているからなのでしょうか。とっても落ち着く、オレンジのような柑橘系の良い香りです。

エッセンシャルオイルは、当たり前ですが、オイルなのでいきなり浸透するわけではありません。顔全体に広げて、優しくマッサージをすると、じんわりと浸透していくイメージです。

なので、良い香りを楽しみながら、落ち着くまでしばらくマッサージをします。

うん、しっとりして良い感じ!香りも使用感も気に入りました。

先ほど、1回の使用量の目安は、サクランボ大とお伝えしました。でも、私はそれよりも少なくても良かったようです。だいたいボトルを2.3回振って出たぐらいの量です。

みなさんも、ご自分の肌の状態に合わせて、1回の使用量を調整してみて下さい。

効果は?おすすめの使い方は?

リズプラベールのエッセンシャルオイルは、オイルなのにサラッとした使い心地なのが良かったです。肌が柔らかくなったような気がします。

ただ、私の場合は、もう少し保湿したいな、と思う時がありました。そこで、気になる時にはもう一度つけてみました。1回目は基本の使い方、2回目はオイルをそのまま。すると、肌が乾燥することもなかったです。

時間に余裕のある時なら、1回の使用量は少なくして「2度使い」するのもおすすめです!

こういう使い方ができるのも、年齢肌にとっては大きなポイントです。年齢肌は、日によって肌の状態が変化するので本当に困ったものなのです。今まで、オイルに抵抗があったという方も、リズプラベールのエッセンシャルオイルは使いやすいのではないでしょうか。

使用感や価格など、総合的に見ても、とっても使いやすいですよ。これなら使い続けることで、年齢肌の悩みも解消するかもしれません。年齢肌による、シミ・シワ・乾燥・たるみ・毛穴の開き。どれも対策の基本は保湿ですからね。

また、リズプラベールのエッセンシャルオイルは、肌だけではなく髪に使うこともできます。手間もコストも削減できます^^

さらに、クレンジングミルクとエッセンシャルオイル別々で購入するより、定期購入を3回以上申し込む方がお得かも。先着100名様限定ですが、クレンジングミルクのプレゼントがあります。

年齢肌におすすめのリズプラベール。どのような成分が使われているのでしょうか。

スポンサーリンク

エッセンシャルオイルの成分

リズプラベールのエッセンシャルオイルは、植物の力を凝縮したオイルです。植物の力で、年齢肌を満たしてくれますよ。

天然由来の美容エキスと天然植物オイル

エッセンシャルオイル使われている成分を挙げてみました。

天然由来の美容エキス

  • コメヌカ発酵エキス
  • ハトムギ種子エキス
  • カニナバラ果実エキス
  • ヒナギク花エキス

天然植物オイル

  • オリーブ果実油
  • マカデミア種子油
  • アボカド油
  • メドウフォーム油
  • コメヌカ油

このように、天然由来の成分がたっぷりと使われています。天然由来の美容エキスが、巡りを良くしてくれるので、年齢肌に効果的なのかもしれません。

この中でも、私が特に注目したのは、コメヌカ油です。コメヌカ油には、セラミドと同じ働きの「米ぬかスフィンゴ糖脂質」が含まれています。「米ぬかスフィンゴ糖脂質」は、肌のバリア機能をサポートしてくれます。天然由来の成分だと、敏感肌の方も安心して使うことができます。

美肌に良いといわれるハトムギ種子エキスが入っているところも嬉しいです。ただし、小麦アレルギーの方は、念のため、注意をして下さいね。

では最後に、リズプラベールのエッセンシャルオイルのいろいろな使い方をご紹介します。

エッセンシャルオイルのいろいろな使い方

リズプラベールのエッセンシャルオイルは、基本的な使い方とアレンジができます。それぞれに分けて見ていきましょう。

基本的な使い方

  1. 洗顔後、軽くタオルドライをする。
  2. 水に濡れた手にサクランボ大(好みによって調整)を出す。
  3. 手のひらで水とオイルを合わせて乳化させる。
  4. 乳液のようになったオイルを顔全体に広げる。
  5. じんわりと浸透させるように、落ち着くまでしばらくマッサージをする。

アレンジ

  • 水の量を変えて、化粧水、乳液、美容液、クリームとして。
  • そのままオイルとして。
  • 濃度を変えて「2度使い」をする。
  • 髪の保湿に。
  • ひざ下やかかとなど、全身の保湿に。
  • 日焼け止めの下地として。

こんな風に、さまざまな使い方ができるので便利ですね。

特に、「2度使い」はおすすめですよ。口コミでは、「潤いが足りない。」という声もあります。でも、私は「2度使い」することで解消しました。みなさんもぜひ、試してみて下さい。

まとめ

今回は、リズプラベールのクレンジングミルクとエッセンシャルオイルについて、使用感などをお伝えしました。

顔のたるみ対策や保湿に困っていて、年齢肌化粧品をお探しの方は、ぜひ一度試してみて下さいね。

スポンサーリンク