こんにちは。美優です。

 

「カタツムリとマイマイは違うの?」

こんな風に子供さんに聞かれたら、あなたはどう答えますか?

「そういえば、そんなこと考えたことがなかったな。」

「でも、聞かれたら困るな…。」

そこで、いつ聞かれても良いように、今のうちに解決しておきましょう。

今回は、カタツムリとマイマイは違うのか、子供に聞かれたらどう答えるのか、についてお伝えします。

スポンサーリンク




カタツムリとマイマイは違うの?

綺麗な花とカタツムリ

結論からいうと、カタツムリとマイマイは同じです。

「あれっ?」

どういうことでしょうか。くわしく見ていきましょう。

カタツムリの5つの呼び方

カタツムリには、さまざまな呼び方があります。例えば次の5つです。

  1. カタツムリ
  2. マイマイ
  3. でんでんむし
  4. 蝸牛(かぎゅう)
  5. 舞舞螺(まいまいつぶり)

こんなにさまざまな呼び方があるんですね。

では、子供さんに聞かれたらどのように答えれば良いのでしょうか。

子供に聞かれたらこう答える

たくさんのカタツムリ

子供さんに聞かれたら、こう答えて下さい。

「カタツムリとマイマイは一緒だよ。ただ呼び方が違うだけだよ。」

そうなんです。ただ呼び方が違うだけなのです。

カタツムリには、先ほど挙げたように5つの呼び方があります。その中でも、一般的な呼び方が、カタツムリ だというわけです。

ですので、カタツムリをマイマイと呼んでも、蝸牛(かぎゅう)と呼んでも、間違いではありません。舞舞螺(まいまいつぶり)と呼ぶ人は少ないと思いますが^^

スポンサーリンク

 

では次に、カタツムリのことを、マイマイと呼ぶようになった理由などについても見てみましょう。

マイマイと呼ぶようになった理由

石の上のカタツムリ
カタツムリのことをマイマイと呼ぶようになった理由はなぜでしょうか。

これは、カタツムリの特徴でもある、殻の形状からきています。

マイマイは「巻き巻き」という言葉に由来しているといわれています。カタツムリの殻には、渦巻き状の模様がありますよね。その巻き巻きしている見た目から、マイマイと呼ばれるようになりました。

 

一方で、「舞舞(まいまい)」という言葉に由来しているという説もあります。「巻き巻き」と同じように、渦巻き状の模様がくるくる回っている見た目から、マイマイと呼ばれるようになりました。

こうして、カタツムリはマイマイと呼ばれるようになり、生物学上での名称でも、マイマイという言葉が使われるようになりました。す。

例えば「ニッポンマイマイ科」や「オナジマイマイ科」というように分類されています。

 

では、日本には、いったい何種類のカタツムリがいるのでしょうか。

日本には何種類のカタツムリがいるの?

葉っぱの上のカタツムリ
日本には、約700種類のカタツムリがいるといわれています。思っていた以上に種類が多くて、驚きますよね。

ほんの一例を挙げてみました。日本には、次のような種類のカタツムリがいます。

  • ニッポンマイマイ
  • オナジマイマイ
  • コハクオナジマイマイ
  • ウスカワマイマイ
  • バンダナマイマイ

カタツムリの名前を見ているだけで、何となく癒されますよね^^

ところで、フランス料理のエスカルゴがカタツムリだということは、あなたもご存知ですよね。

この、エスカルゴに使われるカタツムリは、食用のカタツムリです。分類では「リンゴマイマイ科」のカタツムリです。

他にも、女性なら、カタツムリクリームを思い浮かべるのではないでしょうか。まだ流行っているのかなぁ…^^

まとめ

カタツムリのアップ
今回は、カタツムリとマイマイは違うのか、子供に聞かれたらどう答えるのか、についてお伝えしました。

もし、あなたが、子供さんにカタツムリとマイマイは違うの?と聞かれたら、こう答えて下さい。

「カタツムリとマイマイは一緒だよ。ただ呼び方が違うだけだよ。」

ちなみに、カタツムリには種類によって「右巻き」と「左巻き」があるそうですよ!

カタツムリって、まだまだ奥が深そう…。夏休みの自由研究にも使えそうですね。

スポンサーリンク