「少し食べ過ぎたなぁ~」と思うことってありますよね。そんな時、翌日は身体の中をデトックスしてリセットしたくなります。せっかくデトックスするなら、美味しいジュースでデトックスしたいですね。

今回は、小岩井の「無添加野菜」で「なんちゃってジュースクレンズ」をしたお話です。

スポンサーリンク




野菜ジュースでデトックス

小岩井ジュース・ボトル
週末ということで気が緩み、きのうの夜は少し食べ過ぎました。そんな時もありますよね。お陰でリラックスできてストレス解消できました!と、ここまでは良いのですが、すぐにリセットしておかないと体型維持が出来なくなってしまいます。

そこで、今日は美味しい野菜ジュースで、身体の中をデトックスすることにしました。野菜ジュースを飲んで「なんちゃってジュースクレンズ」をします。

「なんちゃってジュースクレンズ」を実践する!

「ジュースクレンズ」というのをご存知ですか?少し前にモデルさんやタレントさんなどを中心に話題になったもので、簡単にいうと「数日間、食事の代わりにジュースを飲んでデトックスする」みたいなダイエット方法です。でも、私がとりあえずの時に実践するのは「なんちゃってジュースクレンズ」ですが…。

では、「一般的なジュースクレンズ」の方法と、「なんちゃってジュースクレンズ」の方法をご紹介しますね。

「一般的なジュースクレンズ」の方法は?

身体の消化活動を休ませる代わりに、そのエネルギーを使って不要なものを体外へ排出するのがジュースクレンズです。「一般的なジュースクレンズ」の方法は次の通りです。

  • 朝、1杯の白湯かお水を飲む
  • コールドプレス(圧縮してすりつぶして)で作ったジュースを1日に3リットル程度飲む
  • ジュースは1日に6回程度に分けて、ゆっくりと飲む
  • ジュース以外を飲む場合はノンカフェイン、ノンアルコールの液体(水かハーブティーなど)
  • 1~3日間続ける(初心者は半日から始めるのがおすすめ)
  • 前日の食事は、できれば加工品を避けて、軽く済ませる
  • 水を1.5~2リットル程度飲む
  • ジュースクレンズが終わった後は、お粥などの消化の良いものから食べ始めて、徐々に通常の食事に戻していく
  • 体調が悪くなった場合には、すぐに中止する

「なんちゃってジュースクレンズ」の方法は?

「一般的なジュースクレンズ」は、本当に身体の中からスッキリとするので良い方法だとおもいますが、スケジュールや体力面などで無理そうな場合は「なんちゃってジュースクレンズ」が手軽です。その方法は次の通りです。

  • 朝、1杯の白湯を飲む
  • 次に、小岩井の「無添加野菜」をコップに1杯、ゆっくりと噛むように飲む
  • 気が付いた時に、白湯または小岩井の「無添加野菜」を飲む
  • 夕食は、野菜をたくさん使った和食をゆっくりと時間をかけて食べる

1日で身体がスッキリしました!

この「なんちゃってジュースクレンズ」で、朝と昼の食事をこのジュースに置き換えたお陰で、1日で身体がスッキリとデトックスできたようです。夕食は和食で軽めに済ませて、早めにベッドに入ればそれだけで体調はバッチリです。

「なんちゃってジュースクレンズ」は市販のジュースで

今回は、小岩井の「無添加野菜」という野菜とフルーツのジュースでデトックスしました。「なんちゃってジュースクレンズ」なら、こんな風に市販のジュースやコンビニで買うスムージーでも手軽にできるのがポイントです。

香料・砂糖・食塩不使用です

小岩井ジュース・成分
小岩井の「無添加野菜」には、凄くたくさんの野菜やフルーツが入っています。普段、なかなか食べる機会の少ない野菜なども入っているので、いいですね。例えばこんな感じです。

  • レッドキャベツ
  • クレソン
  • ケール
  • ラディッシュ
  • 明日葉
  • チコリ
  • ビーツ
  • 京菜

これだけの野菜は、食べる機会が少ないだけでなく一度にいろんな種類を摂取するのは難しいですよね。もちろん、できれば手作りするのが一番良いとは思いますが、こんなにたくさんの野菜が書かれているパッケージを見ると、たまには市販されている物を活用したくなります。それに、小岩井の「無添加野菜」なら香料や砂糖、食塩も不使用なので安心です。

小岩井の無添加野菜

ペットボトルなので便利です

味は、香料が入っていないので添加物が苦手な私でも、飲みやすくて美味しかったです。今日は寒かったので身体を冷やさないように常温でゴクゴク飲みました。ペットボトルなのでチョコチョコとフタを閉められて、飲み切るのに凄く便利でしたよ。明日からも1週間、元気に頑張ります!