友人のお家で、根菜とチキンときのこのお鍋をごちそうになりました。寒い季節は、根菜レシピでパワーアップしたいですね。今回は、根菜の栄養などについてお伝えします。

スポンサーリンク




根菜とは?

根菜の鍋アップ

根菜の種類

根菜というと、根っこを食べる野菜だと思われがちですが、実は根っこだけではなく、茎などを食べるものも含まれます。根菜には、次のような種類があります。

  • 根を食べるもの
  • 地下茎を食べるもの
  • 地下鱗茎を食べるもの

難しく感じますが、簡単に言うと、根菜とは地中にできた部分を食べる野菜の総称です。食べる部分別に、根菜の代表的なものを挙げてみました。

食べる部分別の代表的な根菜

根を食べるもの

大根・人参・かぶ・さつまいも・ごぼう

地下茎を食べるもの

ショウガ・じゃがいも・れんこん・里芋・くわい

地下鱗茎を食べるもの

たまねぎ・らっきょう・ニンニク

などです。どれも、パワーが出そうなイメージがありますよね。

根菜の栄養は?

根菜の鍋にうどん

根菜にはさまざまな栄養素が含まれていますが、その中から2つの栄養素と働きを挙げてみましょう。

根菜に含まれる2つの栄養素とその働き

1:食物繊維

食物繊維は、体内の老廃物を排出してくれる働きがあります。また、満腹感が得られることから、食べ過ぎを防いでくれる効果も期待できます。

2:ジアスターゼ

ジアスターゼは、消化酵素です。胃で糖の分解を促す働きをします。ただし、加熱するとその働きは弱くなりますので、ジアスターゼの働きを活かすためには、大根おろしなどでそのまま食べるのがおすすめです。

根菜は太るなんて嘘だよ!

「根菜は太るなんて嘘だよ!」これは、声を大にして言いたいことです。根菜というと糖質が多いので太ると言われることがありますが、そんなことはありません。

根菜には食物繊維が豊富で、食べ応えのあるものが多いので、満足感があります。しかも栄養がギュッと詰まっているので、どちらかというと、ダイエット中には積極的に食べたい野菜です。

例えば、私が、友人のお家で食べたようなお鍋なら、とってもヘルシーです。チキンときのこも入れて、チゲ鍋にしたので、ポカポカと温まって大満足でした。最後は、リングイネみたいな平たいうどんを入れて…とっても美味しくいただきました!

冬こそ根菜を食べましょう!

今回は、根菜の栄養などについてお伝えしました。根菜類は、身体を温めてくれるので、冬こそ根菜を食べてパワーアップしましょう!

余談ですが、大根の葉は、干して乾燥させてからお風呂に入れると、疲労回復の入浴剤にもなるそうですよ!ポイントは完全に乾燥させることです。刻んで、お茶パックや布袋やなどに入れて浴槽に入れるだけです。

そして、今日もぐっすり眠ります。。。