こんにちは。美優です。

あなたは、香炉というものが何だかご存知ですか?香炉の使い方をご存知ですか?

また、茶香炉との違いって何なのでしょうか。

最近では、リラクゼーションの一つとして、香炉を目にすることが多くなりました。

でも、実際には、使い方がわからないですよね。

私も、見た目に惹かれて買ってはみたものの、そのまま放置していた経験があります^^

 

今回は、香炉とは何なのか、香炉の使い方や茶香炉との違いなどについてお伝えします。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク




香炉とは

アジア・香炉
香炉とは、その漢字のとおり、香(かおり)の炉(いろり)のことです。

この時点で、香炉とは、どうやら熱で香りを引き立てるというもののようだ、というイメージができますね。

もう少し、詳しく見ていきましょう。

香炉には3種類のものがある

香炉には、その用途によって、大きく分けて次の3種類のものがあります。

  • 仏教で使う香炉
  • 香道で使う香炉
  • リラクゼーションに使う香炉

香炉は、もともとは、仏教で使うものでした。今でも、仏具のうちの一つとして、お寺や仏壇の前などには必ずあります。

あなたも、お仏壇の前などで、香炉を見たことがあるのではないでしょうか。

香炉は、ものによって、素材や大きさもさまざまです。陶器でできたものや金属でできたものがあります。

さらに詳しく分けていくと、どんどん種類が増えていくので、ここでは簡単にご紹介しますね。

仏具の香炉は主に2種類

仏具の香炉には、主に2種類のものがあります。

お焼香用と、仏壇に置くものの2種類です。

その他にも、床の間の飾りなどで見たことがあるかもしれませんね。

飾り用に置いている香炉の中には、装飾を施して、美術品としての価値が高いものもたくさんあります。

では次に、香炉の使い方について見ていきましょう。

香炉の使い方は?

香炉の使い方は、とってもシンプルです。

中に香炉灰(こうろはい)を入れて、そこにお香を乗せたり、立てたりして火を付けます。

仏教の宗派によっては、お香を寝かせて置くこともあるようですよ。

雑貨店などで見かけるお香立てには、お香をそのまま立てるものもありますよね。

でも、香炉灰(こうろはい)を入れて使うものの方が、豪華な感じがします。個人的な意見ですが^^

また、香炉灰(こうろはい)を入れることによって、メリットはたくさんあります。

香炉灰(こうろはい)を入れることによって、お香が燃え残ることなく、最後まできれいに燃えます。

燃えカスが散ってしまったり、お香が倒れるのを防いでくれるのです。

 

ちなみに、香炉灰(こうろはい)は、手入れをすれば何度か使うことができますよ。

次に、茶香炉との違いについてご紹介しますね。

スポンサーリンク

茶香炉との違いは?

茶香炉

茶香炉とは、茶葉を燃やして香りを楽しむものです。

最近では、ちょっとしたブームになっています。アロママッサージのお店などで使われることが多いようですね。

茶香炉があれば、家でも、緑茶や紅茶の茶葉を使って、香りを楽しむことができます。

茶香炉に使う茶葉は、お茶を飲んだ後の、出がらしの緑茶の茶葉でもいいそうですよ。

どんな状態のどんな種類を使うかによって、いろんな楽しみ方ができそうですね。

 

ただし、茶香炉は直接茶葉を燃やすので、火の管理はきちんと行って下さいね。

ペットのいるご家庭や、子供さんの手の届く所では、特に注意が必要です。

その場合は、電源式の茶香炉や、精油を使ったアロマテラピーなどがおすすめです。

まとめ

シンプルな香炉
今回は、香炉とは何なのか、香炉の使い方や茶香炉との違いなどについてお伝えしました。

香炉というと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、意外と簡単に、日常生活に取り入れることができそうですね。

最近では、さまざまなデザインの香炉や、新しい香りのお香もたくさん販売されています。

あなたも、リラクゼーションのために、香炉で香りを楽しんでみませんか?

スポンサーリンク