こんにちは。美優です。

ここ最近、お鍋に欠かせない食材であるきのこの中でも、まいたけに注目しています。

今回は、まいたけの栄養や効果効能、まいたけダイエットなどについてお伝えします。

まいたけは、料理やダイエットにも大活躍ですよ!

スポンサーリンク




まいたけで栄養豊富なお鍋

まいたけ
気温が下がってくると、風邪やインフルエンザが流行する季節が近づきます。

そこで、身体の免疫力をアップさせておきたいところですね。

そろそろ、夕食のメニューは栄養豊富なお鍋が多くなります。お鍋は、ゆったりした気分で食べることができるのも良いですね。

お鍋に入れたいきのこはたくさんあります。

きのこの中でも、ここ最近、私が注目しているのが、まいたけ。

まいたけといえば、お鍋以外にも、まいたけご飯など、さまざまな料理に大活躍してくれるきのこです。

 

では、まいたけには、どのような栄養や効果効能があるのでしょうか。

まいたけの栄養や効果とは?

まいたけといえば、きのこの中でも何だか独特の形でユニークですね。

その香りと独特の歯ごたえが美味しいきのこです。

そんなまいたけには、たくさんの栄養や効果効能があります。

まいたけは、きのこの中でも特にβーグルカンが豊富なきのこです。

βーグルカンは、身体の免疫力をアップさせて風邪やインフルエンザの予防になったり、生活習慣病やがんの予防効果まであるといわれています。

その他にも、まいたけの栄養素と効果効能には、次のようなものがあります。

  • ナイアシン…ビタミンB群の一種であるナイアシンは、皮膚や粘膜の状態を健やかに保つ働きをしています。口内炎は、このナイアシンが不足することで起きるといわれています。
  • 食物繊維…まいたけには、ゴボウの2倍程度の食物繊維が含まれています。このため、便秘解消効果が期待でき、体内の老廃物を排出してくれるために、免疫力アップにつながるようです。
  • ビタミンD…まいたけには、骨や歯を丈夫にしてくれるビタミンDが豊富に含まれています。
  • カリウム…カリウムは、身体の中の余分な塩分や水分を体外に排出してくれるため、むくみの予防にもつながります。

まいたけダイエットとは?

あなたは、まいたけダイエットというダイエット方法をご存知ですか?

まいたけには神戸薬科大学の難波名誉教授によって開発された「MDフラクション」や「MXフラクション」という成分が含まれています。

この「MDフラクション」や「MXフラクション」は、まいたけだけに含まれている成分で、血液中の脂肪を体外に排出させる働きがあるといわれています。

さらに、腸の働きを活発にして悪玉コレステロールや中性脂肪の数値を下げる効果があるようです。

もともと低カロリーで食物繊維が豊富なまいたけには、こんな素晴らしい成分が入っているんですね。

そこで、まいたけダイエットでは、1日に約半パック分のまいたけを毎日継続して食べるようにします。

ただし、まいたけの調理には気を付けたいポイントが4つあります。



まいたけの調理・気を付けたい4つのポイント

  1. 水洗いをしない
  2. 加熱はできるだけ短時間で
  3. 汁ごと食べるのがベスト
  4. 食べ過ぎに注意をする

1:水洗いをしない

1つめのポイントは「まいたけは水洗いしない」ということです。これは、きのこ全般に言えることです。

水洗いすることで栄養素が流れてしまいますので、もしゴミなどが付いていれば手で取るなどして、できるだけそのまま使って下さい。

2:加熱はできるだけ短時間で

2つめのポイントは「加熱はできるだけ短時間で」ということです。

きのこの酵素は熱に弱いため、できる限り手早く調理して下さい。ただし、生で食べるのはダメです。必ず加熱して食べるようにして下さいね。

3:汁ごと食べるのがベスト

3つめのポイントは「汁ごと食べるのがベスト」ということです。

これは、きっとご存知の方も多いのではないでしょうか。まいたけを茹でたり焼いたりすると、黒い汁が出ます。この汁の中に、栄養が入っていますので汁ごと食べられるスープやお鍋などで食べるのがベストです。

4:食べ過ぎに注意をする

4つめのポイントは「食べ過ぎに注意をする」ということです。

人によっては食べる量が多すぎると、お腹が緩くなってしまうことがあるようですので、1日に半パック程度を目安にしてご自分の体調に合わせて調節して下さい。

まいたけは冷凍保存しておくと便利

今回は、まいたけの栄養と効果効能、まいたけダイエットなどについてお伝えしましたが、いかがでしたか?

まいたけは、他のきのこと同様に冷凍保存しておくと便利です。

使いやすい大きさにカットしてから冷凍保存しておけば、そのまま料理に使うことができるので楽です。

ただ楽なだけではなく、きのこは冷凍することで香りや歯ごたえや、栄養価もアップするといわれています。

私の場合は、いろいろな種類のきのこをまとめて買ってきたら、まとめてカットして何種類かを混ぜます。

その状態で何袋かに分けて冷凍保存しているので、いつでも何種類ものきのこを食べることができます。

おすすめの方法ですので、あなたも試してみて下さいね。

そして、栄養たっぷりのまいたけで免疫力をアップさせましょう!

 

その他のきのこについてはこちらの記事をご覧下さい。

⇒ブナピーの効果効能と栄養パワーの秘密とは?

⇒しめじの効果効能と栄養パワーの秘密とは?

スポンサーリンク