みなさんは節分に豆まきをしますか?私にとって豆まきは、昔懐かしい思い出です。

小さい頃は、毎年家族で豆まきをしていました。その意味もわからないのに「鬼は~外!福は~内!」と言いながら思いっきり豆まきをしたものです。とっても楽しかった記憶があります。

ところで、豆まきの由来や意味などを知っていますか?誰かに「説明して」と言われてもなかなかできないですよね。今回は、節分の豆まきの由来や意味、なぜ炒り大豆で豆まきをするのか、などについてお伝えします。

スポンサーリンク




節分の豆まきの由来や意味とは?

金の敷紙に節分の豆

節分は、冬の節が終わって春の節になるという、季節の移り変わりのことです。もともと、一年のうちの立春、立夏、立秋、立冬の前日が節分とされていました。つまり、一年に4回も節分があったそうです。現在では、冬の節と春の節を分ける、立春の前日にあたる日を節分といいます。

節分の豆まきの由来は?

節分の豆袋
では、どうして節分に豆まきをするようになったのでしょうか。その由来は、次のようなものです。

古くから、邪気は季節の分かれ目に入りやすいと考えられていました。特に、旧暦の大晦日にあたる節分は、最も重要な節でした。旧年の厄を祓い、「これから良い春が来ますように」という願いを込めて、豆まきをするようになりました。

節分の豆まきの2つの意味

「魔を滅する(まめ)」ために「魔の目(まめ)」に炒り豆を投げつけるのが豆まきです。先ほど、節分の豆まきの由来でも少しお伝えしましたが、節分の豆まきには次の2つの意味があります。

1:旧年の厄を祓う・悪霊退散の意味

旧暦の大晦日にあたる節分に、旧年の厄を祓い、悪霊退散をして清めるというのが、1つめの意味です。

2:良い春が来るように・招福の意味

良い春が来ますようにと願いながら新年を迎える、招福というのが、2つめの意味です。

引越し達人セレクト

なぜ炒り大豆で豆まきをするの?

青い敷紙に節分の豆
では、なぜ炒り大豆で豆まきをするのでしょうか。

豆まきには悪霊退散の意味がありましたね。鬼を退治するために豆まきをするので、豆まきに使った豆を拾い忘れた場合、そこから芽が出ると縁起が悪いですよね。そこで、芽が出ないように炒り大豆で豆まきをするのです。

さらに、炒り豆の「炒り」には「射る」という意味もあるので、鬼を射る=鬼を退治できるということにもなります。

願いを込めて豆まきをしましょう!

節分の豆袋アップ
今回は、節分の豆まきの由来や意味、なぜ炒り大豆で豆まきをするのか、などについてお伝えしました。節分の豆まきの由来や意味などがわかると、豆まきが一層盛り上がりそうですね。

今年の節分には、ぜひ、良い春が来るようにと願いを込めて、豆まきをしましょう!

私も、その意味を噛みしめつつ、豆まきをしようかな。。。

もうすぐ春ですね。