目にいい食べ物といえば、ブルーベリーが真っ先に思い浮かびます。

でも、目にいい食べ物はブルーベリーだけでしょうか。

普段からPCやスマホで目を酷使している私にとっては「気になる、気になる…。」

そこで、目にいい食べ物を調べてみました。

含まれる栄養素も一緒に調べてみたのでぜひ参考にして下さいね。

スポンサーリンク



目にいい食べ物はブルーベリーだけ?

ガラスの器に入ったブルーベリー

目にいい食べ物というと、真っ先にブルーベリーが思い浮かびます。

テレビや雑誌などでも「目にいい○○特集!」などでブルーベリーは必ずと言っていいほど登場しますね。

でも、目にいい食べ物はブルーベリーだけじゃないはず!

とはいえ、具体的な名前がなかなか出てこない~^^

そこで、目にいいといわれる食べ物と、含まれる栄養素を調べてみました。



目にいいといわれる食べ物は?

ブロッコリー

目にいいといわれる食べ物には、主に次のような食べ物があります。

  • ブルーベリー
  • レバー
  • ウナギ
  • ほうれん草
  • モロヘイヤ
  • チーズ
  • アーモンド
  • まぐろ
  • サバ
  • イワシ
  • 牡蠣
  • 豚肉
  • 豆類
  • ケール
  • ブロッコリー  など。

上記の食べ物はあくまでも一例ですが、目にいいといわれる食べ物には、どのような栄養素が含まれているのか、あわせて調べてみました。

すると、共通する栄養素がいくつか見えてきました。

目にいいといわれる食べ物に共通する栄養素

目にいいといわれる食べ物に共通する栄養素は、次の通りです。

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • タウリン
  • DHA・EPA
  • アントシアニン
  • ルテイン

では、それぞれの栄養素について、もう少し詳しく見てみましょう。

ビタミンA

うなぎのかば焼き

ビタミンAは、「目のビタミン」ともいわれる程、目にとっては重要な栄養素です。

目の角膜の細胞や網膜のロドプシンを作るために欠かせないビタミンA。

目や皮膚の粘膜を健康に保ってくれるといわれています。

ビタミンAが不足すると、目が乾きやすくなったり、夜間に見えにくくなる夜盲症(鳥目)になる危険があるといわれています。

ただし、動物性の食品由来のビタミンAの場合、過剰に摂取すると人によっては頭痛などが起こりやすくなる危険もあるので注意が必要です。

ビタミンAが含まれる食べ物(食品)

  • うなぎ
  • レバー
  • モロヘイヤ
  • 銀鱈
  • にんじん
  • ほたるいか など

個人的には、青汁が良さそうだな…と思います。

ビタミンB群

ビタミンB1やB2は、皮膚や粘膜を健康に保つためのサポートをします。

ビタミンB2が不足すると、目が充血したりすることがあるようです。

ビタミンB6は、タンパク質の代謝には欠かせないビタミンです。

ビタミンB12は、コバルトを含んでいて、赤血球を作る働きをします。

タンパク質の代謝にも関わり、「赤いビタミン」と呼ばれることもあります。

ビタミンB群が不足すると目が疲れやすくなるといわれています。

ビタミンB1が含まれる食べ物(食品)

  • 豚肉
  • うなぎ
  • 玄米
  • ごま
  • 豆類 など

ビタミンB2が含まれる食べ物(食品)

  • レバー
  • アーモンド
  • さば
  • 納豆
  • 卵 など

ビタミンB6が含まれる食べ物(食品)

  • まぐろ
  • レバー
  • かつお
  • にんにく
  • バナナなど

ビタミンB12が含まれる食べ物(食品)

  • レバー
  • しじみ
  • にしん
  • 牡蠣
  • チーズなど

ビタミンC

ビタミンCの働きといえば、抗酸化作用がよく知られているのではないでしょうか。

目に関しては、水晶体をイキイキと保ち、目の疲れを防いでくれるといわれています。

ビタミンCが含まれる食べ物(食品)

  • アセロラ
  • キウイフルーツ
  • 赤ピーマン
  • 芽キャベツ
  • レモン など

ビタミンE

ビタミンEには、強い抗酸化力で細胞を健康に保つ働きがあります。

目が乾燥したり、疲れたりするのを防いでくれます。

ビタミンEが含まれる食べ物(食品)

  • アーモンド
  • 落花生
  • ウニ
  • カボチャ
  • ひまわり油 など


タウリン

タウリンは、網膜を保護したり、角膜の修膜に関係している栄養素です。

個人的には、タウリンを摂取するとパワーが出るイメージがあります。

タウリンが含まれる食べ物(食品)

  • 牡蠣
  • ホタテ
  • イカ
  • タコ
  • サザエ など

DHA・EPA

DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は、主に魚の油に含まれています。

血栓を予防する働きがあるといわれているオメガ3脂肪酸です。

目の乾燥を予防してくれるので、青魚を積極的に摂りたいですね。

DHA・EPAが含まれる食べ物(食品)

  • さば
  • いわし
  • ブリ
  • うなぎ
  • さんま など

アントシアニン

かごに入ったブルーベリー

アントシアニンは、抗酸化作用があるといわれるポリフェノールの一種です。

視力低下を予防してくれるといわれ、ブルーベリーの青紫色の元にもなっています。

アントシアニンが含まれる食べ物の中でも、ブルーベリーが目にいいといわれているのはあまりにも有名な話です。

アントシアニンが含まれる食べ物(食品)

  • ブルーベリー
  • ビルベリー
  • カシス
  • 黒豆
  • 赤しそ など

ルテイン

ほうれん草

ルテインは、カロテノイドの一種です。

抗酸化物質を含んでいて、ブルーライトから網膜を守ってくれるといわれています。

ルテインが含まれる食べ物(食品)

  • ケール
  • ブロッコリー
  • ほうれん草
  • パセリ
  • グリーンピース など

サプリメントを活用するのもおすすめ

ケールとフォーク

目にいい食べ物は、普段から栄養バランスに気を付けていれば、自然に摂ることができそうな気がします。

でも、忙しくてなかなか食事に気を使えない、ついつい好きなものばかり食べてしまう。

そんな時は、サプリメントを上手に活用するのもおすすめです。

私が飲んだサプリメントには、ルテインだけでなくゼアキサンチンという成分が含まれています。

こちらの記事でチェックしてみて下さいね。

⇒ロートV5粒【口コミ】老眼の私が飲み続けた効果と感想は?

まとめ

パソコンのキーボードを打つ様子

今回は、目にいいといわれる食べ物と、含まれる栄養素などについて調べてみた内容をお伝えしました。

日頃からパソコンやスマホなどで目を使い過ぎる私は、疲れ目の症状で困ることがよくあります。

ですので、できるだけ目を温めたり、マッサージをしたり、いろいろと工夫をしています。

今後はさらに、目にいいといわれる食べ物を積極的に摂って目を大切にしたいと思います。

よろしければ、あなたもぜひ。

参考:ロート製薬 ココロートPark 目の健康ガイド

参考:実況出版編修部(2019年)『オールガイド 食品成分表 2019』実教出版株式会社