夏のイベントといえば花火。今年も、日本各地で花火大会が開催されますね。

花火大会の中でも関西で特に人気のあるのが、みなとこうべ海上花火大会です。

日程や時間が気になりますよね。

「場所取りってできるの?」それも気になります!

そこで、今回は、みなとこうべ海上花火大会・2018年の日程と時間などをお伝えします。

さらに主な観覧場所と注意点などもご紹介しますね。綺麗な花火も、下見として2回お楽しみ下さい^^

スポンサーリンク




みなとこうべ海上花火大会・2018年の日程と時間など

神戸の花火
みなとこうべ海上花火大会・2018年の日程と時間などは、次の通りです。

名称

第48回みなとこうべ海上花火大会

開催時間

19:30~20:30

現状、予定されている時間です。変更があれば、更新しますね。

開催日

2018年 (平成30年) 8月4日(土)

ただし、荒天中止(順延無し)です。中止決定は、当日15時。

打ち上げ場所

神戸スターマイン
神戸港・新港突堤~メリケンパーク南側の海上より 打ち上げられます。

打ち上げ数

15,000発

昨年は、神戸港開港150周年でした。今年は、兵庫県政150周年を記念した内容になる予定です。期待できます!

観覧予想人数

約30万人

例年通り、今年も多くの見物客が見込まれます。

見どころは?

今回の見どころは、兵庫県政150周年を記念した内容 だというところです。

昨年は、神戸港開港150周年ということで、今までよりも多い15,000発の打上げでした。今回も、15,000発の打上げ予定で、昨年以上に盛り上がること間違いなしです!

まずは1回目の花火。こちらは昨年の様子です。3分50秒あたりから、特に凄くないですか?フィナーレ、最高です!


こんなに美しい花火を、ぜひ見たいですね。観覧場所もチェックしておきましょう。

続いて、みなと神戸海上花火大会2018年の観覧場所をご紹介します。

主な観覧場所3ヶ所とその他10ヶ所

観覧場所は、本当にたくさんあります。以前は穴場だった場所も、だんだんと人が集まるようになりました。

みなとこうべ海上花火大会では、毎年、有料席のチケットが販売されますが、すぐに完売してしまいます。ですので、ここでは、無料で見られる観覧場所をご紹介します。主な観覧場所3ヶ所と、その他10ヶ所です。

1:メリケンパーク

メリケンパークは、神戸の中心地である三ノ宮や元町から、歩いて行ける場所にあります。花火大会のメイン会場の一つで、アクセスが良いため、早い時間から混雑します。

早めにぶらぶらと散歩がてらに会場まで行くのがおすすめです。アクセスは、JRの元町駅から約15~20分です。

予定では19:00頃に入場規制されるとのことですが、早めに入場規制がされるかもしれません。おそらく、相当な人出になるでしょうね。花火が始まる頃には、立ち見の人も増えて、ごった返します。

2:ハーバーランド

モザイクやumieに訪れる買い物客などで混み合いますが、利便性を重視するならおすすめの観覧場所です。ショッピングモールのトイレも使えるので便利ですね。

ただし、打ち上げ場所から近く、迫力のある花火を見ることができるので、人気の高い場所です。ハーバーランドモザイクの、なるべく南の方で見るのがおすすめです。メリケンパークと並んで、混雑が予想されるので、早めに入場規制がされるかもしれません。アクセスは、 JR神戸駅から徒歩約10分です。駅から地下街を通って行くと、すぐですよ!

3:新港第1突堤

打ち上げ場所から一番近いので人気の観覧場所です。東側に屋台が出店される予定です。

無料の観賞場所の中では、打ち上げ会場に一番近い場所です。でも、ホテルが視界に入ると、見えにくいこともあります。場所に気を付ければ、ハーバーランドと同様に、迫力のある花火を見ることができます。

有料エリアもあるので、大変混雑し、入場規制がかかります。そうなると、出入りできなくなりますので注意が必要です。アクセスはJR元町駅から徒歩約20分です。 近くはありませんが、歩いても行ける距離です。普段は、海風が心地良い場所です^^

その他の観覧場所10ヶ所

では、その他の観覧場所をざっとご紹介します。

  • 新港第2突堤
  • 新港第3突堤
  • 新港第4突堤
  • ポートアイランド・北公園
  • ポートアイランド・しおさい公園
  • 布引ハーブ園
  • ビーナスブリッジ
  • 兵庫突堤(兵庫埠頭)
  • 神戸ポートタワー
  • 摩耶山掬星台(まやさんきくせいだい)

こんなにたくさんあるのですが、私のおすすめは、布引ハーブ園です。当日は、スペシャルディナーの予約をして、ゆっくりと山の上から花火を見るのはいかがでしょうか。

ただし、帰りのロープウェイに乗り遅れないようにして下さいね。歩いて下山することになると大変です^^


みなとこうべ海上花火大会実行委員会によると、ポートアイランド・しおさい公園、ポートアイランド北公園、新港第4突堤が、比較的空いているそうです。

無料のシャトルバスもあります。ただし、シャトルバスは、三ノ宮駅からではありません。

神戸市役所からの出発ですので、確認しておいて下さい。神戸市役所へは、各線の三ノ宮駅から徒歩約10分です。

では、最後に、花火を楽しむための注意点を見ておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

花火を楽しむための7つの注意点

花火を楽しむための注意点は、全部で7つあります。どれも知らないと困ることばかりですので、気を付けて下さい。

① 14:00までは場所取りができない

花火大会当日は、14:00までは場所取りができなくなりました。

もし、知らずに場所取りをしていると注意をされますので気を付けて下さいね。シートなどを放置していると、撤去されます。また、場所取りをする時は、くれぐれもマナーを守るようにしましょう。

② 大型のブルーシートで場所取りをするのは禁止

あまりにも大きなシートはやめましょう。混雑している中で大きな場所を取ると、他の人に迷惑がかかります。

③ ドローンや傘の使用は禁止

ドローンはもちろんですが、も危険なので使用が禁止されています。もし雨が降りそうなら、レインコートを持っておくようにしましょう。

④ ペットの同伴は禁止

会場にペット同伴では入れません ので、注意をして下さい。

花火は、相当大きな音なので、どちらにしても連れて行くのは可愛そうですね。お留守番をしてもらいましょう。

⑤ 決められたエリア以外での三脚の使用は禁止

ブルーの花火
撮影のための三脚の使用エリアが決められています。三脚が使えるエリアは、次の2ヶ所です。

  • ポートアイランド・しおさい公園
  • 中央部東側緑地の北側と南側

⑥ 大規模な交通規制・駅改札の入場制限がある

当日は大規模な交通規制 があります。できるだけ、公共交通機関を利用するようにしましょう。

また、主要駅では改札の入場制限 があります。電車は本数を増やして運行するそうです。ただし、帰りは、とんでもなく混雑します。仕方がないですね。

⑦ 会場では入場規制がある

当日の会場では、入場規制があります。規制の予定時間は次の通りです。

  • メリケンパーク 19:00
  • ハーバーランド 16:45

規制時間は、状況により変更の可能性があります。また、新港第1突堤東側と新港第3突堤でも、入場規制になる可能性があります。

ギリギリに行ったら入れなかった!なんてことにならないように注意をして下さいね。

では、もう一度、花火をご覧下さい。2回目の花火です。海と花火、神戸の夜景が美しくて、ずっと見ていられます!

※みなと神戸海上花火大会2018年の詳細は、大会公式サイトで、5月中旬頃に発表される予定です。

みなと神戸海上花火大会実行委員会・公式サイト
https://kobehanabi.jp/

まとめ

神戸海上花火大会
今回は、みなとこうべ海上花火大会・2018年の日程と時間、主な観覧場所と注意点などをご紹介しました。

ちなみに、有料席のチケットが完売になると、あとは当日の販売分があります。頑張ってゲットするのも良いですが、なかなか大変です。

みなとこうべ海上花火大会には、毎年30万人もの見物客が訪れます。そのため、どこも 人・人・人!

どの場所も混雑する可能性がありますので、早めに観覧場所へ行くことをおすすめします。

花火大会当日の神戸は、それはもう、大変な混雑ぶりです。でも、海上から打ち上げられる花火はとても素敵です!

2018年はぜひ、みなとこうべ海上花火大会を楽しみましょう!

スポンサーリンク