よく水は1日2リットルを飲むと良いといいますが、本当のところはどうなのでしょうか。

1日に水2リットルを飲むのは、かなり大変なイメージがあります。それに、どんな効果があるのか、どんなタイミングで飲むのが良いのか、などいろいろと気になります。

そこで今回は、1日にどれぐらいの水を、どんなタイミングで飲めば、どんな効果が期待できるのか、などについてお伝えします。

スポンサーリンク




身体の約60パーセントが水分

ブルーのボトルとグラス
私たちの身体は、約60パーセントが水分でできているといわれています。

そして、身体からは、常に水分が排出されていて、毎日2~2.5リットル程度の水分が排出されているといわれています。水分は、尿や便として排出されるだけでなく、呼吸や皮膚からも排出されています。ですので、水を飲むことが、いかに大切であるのかがわかりますね。

そこで、1日にどれぐらいの水を飲めば良いのか、見ていきましょう。

水は1日にどれぐらい飲めばいいの?

グラスに水を注ぐ

水は1日にどれぐらい飲めばいいのでしょうか。

身体に摂取する水は、飲むだけでなく食事からも摂取します。ほかには、体内で作られる水分もあります。ですので、それらを差し引いた量の水が必要になります。

その量の目安を知るためには、計算式が用いられます。では、計算式を使って実際に計算してみましょう

1日に必要な水の目安を知るための計算式

1日に必要な水の量の目安を知るための計算式は次の通りです。

1日に必要な水の量=35(ml)×体重(kg)

例えば、体重50kgの方なら、35×50=1,750ml となります。

ただし、これは普段の生活での目安です。運動した後や、夏場などの汗を多くかいた時には、この量より多く摂取するように意識しましょう。その場合の計算式は次の通りです。

運動の後や汗を多くかいた時に必要な水の量=50(ml)×体重(kg)

みなさんも、計算してみて下さいね。

水はどんなタイミングで飲めばいいの?

水は、一度にたくさん飲むよりも、こまめに何回かに分けて飲むのが良いといわれています。もし、体重50kgの方が1日に必要な水の量=1,750mlを10回に分けて飲むとする場合で考えてみましょう。

1,750ml÷10回なので、1回あたり175mlということになります。コップ1杯ぐらいですね。コップ1杯のお水をどのタイミングで飲むのかは、それぞれ、個人の生活リズムにもよると思います。

私の場合は、次の1~10のようなタイミングで飲むようにしています。現在、この飲み方で身体の調子が良いので、みなさんにも、水を飲むタイミングとしておすすめします。

  1. 朝起きてすぐ
  2. 仕事を始める前
  3. 午前11:00頃~昼食まで
  4. 午前11:00頃~昼食まで
  5. 午前11:00頃~昼食まで
  6. 昼食~おやつの間
  7. おやつ~夕食の間
  8. おやつ~夕食の間
  9. お風呂に入る前
  10. 寝る前

これらは、あくまでも目安ですが、このタイミングなら、無理なく1日に必要な水の量を飲むことができますよ。ですが、あまり神経質にならずに、喉が渇いたなぁ~、と思ったら一口水を飲むようにしましょう。こんなに飲めない!という方は調節して下さいね。

ただし、これは、水か白湯を飲むタイミングで、コーヒーやお茶の水分は含まれていません。同じ水分でも、コーヒーやお茶にはカフェインが含まれています。カフェインには利尿作用がありますので、飲み過ぎには注意して下さいね。また、ジュースも糖分が多いので、同様に飲み過ぎには注意が必要です。

水でどんな効果が期待できるの?

グラスに炭酸水を注ぐ
水を飲むことで期待できる効果は次のようなものです。

  • 便秘解消効果
  • 生活習慣病の予防効果
  • 美肌効果
  • ダイエット効果

どれも、嬉しい効果ばかりですね。ただし、人によっては、水を飲みすぎることで、良くない場合もあります。病院などで、お医者さんから水分制限を指示されている方などは、まず、お医者さんに相談して下さい。

まとめ

レストランのグラス

今回は、1日にどれぐらいの水を、どんなタイミングで飲めば、どんな効果が期待できるのか、などについてお伝えしました。

水は1日2リットルで効果が出るというものではありません。人によって、1日に必要な水の量は異なります。さらに水は、こまめに摂取することが大切です。みなさんも、それぞれの生活習慣に合わせてこまめに水分補給を心掛けてくださいね。

いろいろな水を試して、ご自分の身体に合ったものを見つけてみませんか。