いよいよ今年も終わりですね。今日は朝からいい天気だったので、家中の空気を入れ替えて、盛り塩でスッキリしました!

今回は、盛り塩の注意点や、おすすめの盛り塩の方法などについてお伝えします。

スポンサーリンク




盛り塩の注意点とは?

盛り塩
皆さんは盛り塩をしていますか?また、その方法を知っていますか?

盛り塩をする時には、3つの注意点があります。それは、次のようなものです。

盛り塩の3つの注意点

  • 塩は天然のものを
  • 置きっぱなしにしない
  • 綺麗な場所に置く

ごくごくシンプルな注意点ばかりですが、意外とこれを実践していない方もいらっしゃるようです。

盛り塩をする時は、この注意点を必ず守って下さいね。

重要なポイントは?

ここで重要なポイントが1つあります。それは、盛り塩をする以前に、空間を綺麗にしておくことです。

盛り塩の効果を得るためには、綺麗な場所に置くことが大切です。これは当然のことですよね。

空間を綺麗にして浄化したい!という気持ちがあってこそ、盛り塩の効果を得ることができるのです。

お掃除をしていらないものを排除して部屋が快適になったら、最後の仕上げとして盛り塩をして下さい。これは最も重要なポイントです!

おすすめの盛り塩の方法は?

お掃除をした後に盛り塩をすると本当に気分がスッキリとするのでおすすめです!盛り塩に関してはいろいろな情報があって、どの方法が良いのか、悩みますよね。

そこで、私が実践している、おすすめの盛り塩の方法をご紹介します。

おすすめの盛り塩の方法

おすすめの盛り塩の方法には、いくつかの決まりがあります。それは、次の4つです。

  1. 天然の塩を使う
  2. 陶器の器を使う
  3. 中央が高くなるように山盛りにする
  4. 1週間に1度ぐらいは交換する

決まりはたったのこれだけです。白い小さなお皿に天然の塩をできるだけ円錐形になるように中央を高く山盛りにします。そして、家の中の浄化したい場所に置くだけです。

ただし、本格的に盛り塩をするにはもっとたくさんの決まりがあります。この決まりは私なりのもので、かなり簡略化しています。

空気を入れ替えて盛り塩でスッキリと!

私は普段からチョコチョコと片付けをしているので、年末に大掃除をする習慣はありません。ですが、一応水回りだけでももう一度清めておこうと思い、トイレや洗面所などを重点的に綺麗にしました。家中が綺麗にピカピカになったところで、最後に盛り塩を新しいものに変えました。これですべて終了です。

いつものように綺麗な空間に盛り塩をしたら、驚くほど気持ちがスッキリとしました。

今年も大変お世話になりました

今回は、盛り塩の注意点や、おすすめの盛り塩の方法などについてお伝えしました。

盛り塩をしたら、あとは、大好きな水素風呂に入ってスッキリするだけです。家を清めたので、次は自分を清めて新年を迎えます。大晦日をこんな風にのんびり過ごせるなんて幸せ!年越しそばも楽しみです。

今年も大変お世話になりました。来年も健康的で、できるだけナチュラルな情報をお伝えしていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

ではでは、みなさん良いお年を。。。