新年になったと思ったら、早いものでもうすぐ1週間が経ちますね。仕事始めで疲れたという方も、明日からの3連休でまたゆっくりと過ごされるのではないでしょうか。

この時期は、年末年始でゆるんだ心と身体のペースを取り戻すチャンスです。この時期の過ごし方で、今後の調子の良さが変わってくるような気がします。

明日は1月7日。「七草がゆ」を食べる日です。今回は、「七草がゆ」で今年一年の、心と身体の健康を願う、という話です。

スポンサーリンク




明日の準備で七草を購入しました。

七草パック
毎年1月7日は「七草がゆの日」ですね。正式には「人日(じんじつ)の節句」といいます。

この日は、1年間の無病息災と豊作を願う日です。お正月で疲れた胃腸を癒すために「七草がゆ」を食べると良いということで知られています。

みなさんのお家でも「七草がゆ」を食べますか?私はもちろん毎年食べています。暦通りの生活(例えば、冬至にかぼちゃを食べて柚子風呂に入るなど。)をするのが好きなので、どんなに忙しくても必ず作るようにしています。

「七草がゆ」って?

「七草がゆ」とは、正式には1月6日までに集めた7種類の草を、1月7日の朝食でお粥にしていただくというものです。

七草はただの草だと思われるかもしれません。ですが、ハーブのように、胃腸に優しい効果があるものも含まれています。年末年始に暴飲暴食をしてしまった方は、ぜひ食べて下さいね。

一般的にいわれている七草は、次の7種類です。

  • せり
  • なずな
  • すずしろ
  • すずな
  • ごぎょう
  • はこべら
  • ほとけのざ

今年も健康に過ごせそう!

最近では、スーパーなどでこれらの7種類が入っている便利な「七草セット」を買うことができます。便利ですよね。しかも、その売り場も年々拡大しているような気がしませんか?

昔はそんな便利なパックが販売されていなかったため、地方によっては採れない種類があったのです。ですので、七草の内容も微妙に違っていました。ということで、近くのスーパーでも、「七草セット」がたくさん販売されていたので、明日の準備のために七草を購入しました。これで、今年もバッチリ健康に過ごすことができそうです!

日本の暦に合わせて生活していると、気持ちから元気になれます!みなさんもきっと、「七草がゆ」で今年一年の心と身体の健康を願うのではないでしょうか。

それから、これは余談ですが、毎年思うことがあります。「七草がゆ」って、七草をたくさん入れ過ぎるとあまり美味しくなくなりますよね。苦みがたつというか、本当に草の味になってしまいますよね。入れ過ぎないように注意しないと! もう少し少量のパックがあれば嬉しいな…。