こんにちは。美優です。

寝る前のひととき、あなたはどう過ごしていますか?

疲れた~、ダラダラしたい、というのはわかりますが、寝る前のストレッチで痩せる効果があるというのをご存知ですか?

そこには想像以上の効果があります。

今回は、寝る前のストレッチで痩せる3つの理由と効果などについてお伝えします。

スポンサーリンク



寝る前のストレッチで痩せる?

仕事から帰ってからの時間は、一人暮らしの方も、子供さんがいる方や主婦のみなさんも、それぞれ家事をこなしたり、いろいろと忙しくて大変大変ですよね。

では、一通りやるべきことを済ませた後は、どのように過ごしていますか?

「あ~疲れた~」とゴロンとなって、そのままダラダラと食事をしたり、何となくダラダラと過ごす。

その後は、寝る前ギリギリにお風呂に入って、ベッドに倒れ込む。そんな日が多いのではないでしょうか。

ちょっと待って下さい。その気持ちはわかりますが、それが習慣になってしまうと危険です。

その危険な習慣によって、毎日があっという間に過ぎて、気が付くと1年が過ぎて、さらに知らないうちに数年が経っていた。

なんてことにもなりかねません。

そうならないために、ダラダラ過ごす時間を少しだけ短くして下さい。

そして、その時間を使って、寝る前にストレッチをすることをおすすめします。

寝る前にストレッチをすると、さまざまな良い効果があります。大げさなようですが、本当です。一番うれしい効果は、寝る前のストレッチで痩せるということです。

では、なぜ寝る前のストレッチで痩せるのか、その理由からお伝えしますね。



寝る前のストレッチで痩せる3つの理由

寝る前のストレッチで、なぜ痩せるのでしょうか。

それには次のような3つの理由があります。順番に見ていきましょう。

1:食事を適量に抑えることができる

寝る前のストレッチで痩せる1つめの理由は、食事を適量に抑えることができるということです。

寝る前にストレッチをするためには、お腹がパンパンになるほど食べると自分が苦しくなります。

そのため、食事を腹八分目の適量に抑えることができます。

最初のうちは難しいかもしれません。

でも、寝る前のストレッチで痩せるのを実感できるようになると、「今日もストレッチしよう~!」という気分に♪

すると、自然に食事を適量に抑えることができるようになります。

2:快眠ができるので痩せやすい身体になる

寝る前にストレッチをすると良い2つめの理由は、快眠ができるので痩せやすい身体になるということです。

快眠をすることで、身体全体の代謝が上がって、痩せやすい身体になります。

逆に、睡眠不足になると、太りやすい身体になってしまいます。

夜更かしをすると、必要以上にお菓子や甘いものなどが食べたくなった経験はありませんか?

睡眠不足によって、代謝が下がるだけではなく、食欲まで乱れてしまうのは危険です。

それよりも、寝る前にストレッチをすることで快眠をして、身体の代謝を上げましょう!

3:1日の終わりに気持ちのスイッチをOFFにできる

寝る前にストレッチをすると痩せる3つめの理由は、1日の終わりに気持ちのスイッチをOFFにできるということです。

寝る前のストレッチは、とてもリラックスすることができます。

ストレッチで両手両足を思いっきり伸ばして、スッと力を抜いてみて下さい。

それだけで気持ちのスイッチをOFFにすることができますよ。

その結果、心も身体もほぐれるので、ぐっすりと眠ることができて、代謝がアップします。

さらに、翌日目覚めた時には、また頑張るパワーが湧いてきて活動的になるので、どんどん代謝のアップが期待できます。

寝る前にしない方が良いこともある

スマホをチェックする女の子

次に、寝る前にしない方が良いことも確認しておきましょう。

寝る前にしない方は、一般的によく言われることですので、再確認ですね。

スマホをチェックするのはダメ

寝る前にスマホをチェックするのはダメです。

ちょっとだけのつもりでスマホをチェックし始めると、突然気になることが出てきたりしますよね。

そして、マホをチェックしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

今日からさっそく、寝る前のスマホチェックはやめましょう。

電気を暗めにするのがおすすめ

暗めの電気
ある程度の時間になったら、部屋の電気を暗めにするのがおすすめです。

そうすると、自然に眠くなり、身体ごと睡眠に向かう準備ができます。

できるだけ暗めにするのが良いですね。

そうすれば、スマホを見ると目が疲れます。すると、自然にスマホチェックもやめられそうですね。

短時間でもストレッチを実践してみましょう!

寝落ちする女の子今回は、寝る前のストレッチで痩せる3つの理由と効果などについてお伝えしました。

あなたも今日から、短時間でもいいので、寝る前にストレッチを実践してみましょう!

間違っても、こんな風になったまま朝を迎えないように注意して下さいね。

それでは、良い睡眠を。。。おやすみなさい。