ナッツが大好きです。どれぐらい好きかというと、食べたい時にすぐ食べられるように、常にストックしているほどです。いつも、ストックしている最後の1袋を開封したタイミングで、次のナッツを購入するようにしています。

今回は、ナッツの種類別の栄養成分や効果などについてお伝えします。

スポンサーリンク




今回購入したのは3種類のミックス

藤本ナッツ1
今回は、初めてのショップで購入してみました。正直に言うと、他のお店よりも価格が安かったのであまり期待せずに購入したのです。ですが、思ったよりも早い対応で、注文して翌々日の朝に届きました~!

早速開封してみると、写真のように完全に真空パックされています。こういう点ってポイントが高いですよね。

今回購入したのは、アーモンド、くるみ、カシューナッツの3種類のミックスナッツです。もちろん無塩ですよ!

ナッツの種類をご紹介

では、ナッツにはどのような種類があるのでしょうか?代表的なものを挙げてみます。

  • アーモンド
  • カシューナッツ
  • ヘーゼルナッツ
  • ピスタチオ
  • マカダミアナッツ
  • くるみ
  • ピーナッツ
  • ピーカンナッツ          などが有名ですね。

ナッツ

種類別の栄養素と効果効能は?

次に、種類別の主な栄養素と効果効能を見てみましょう。

  • アーモンド
    豊富なポリフェノールとビタミンEの働きによって、美肌効果や老化防止効果などが期待できます。特にビタミンEは、他のナッツに比べて豊富に含まれているために、身体の細胞を若く保ってくれるようです。
  • カシューナッツ
    亜鉛やビタミンB1の働きによって、疲労回復効果があるといわれています。
  • ヘーゼルナッツ
    ビタミン類とミネラルやタンパク質をバランス良く含んでいるので、身体に必要な栄養素を効率良く摂取することができます。
  • ピスタチオ
    フィトステロールを含んでいるために、体内でのコレステロールの吸収を抑制する効果があるようです。カリウムや鉄分も多く含まれています。アントシアニンの働きによって、疲れ目の改善も期待できます。
  • マカダミアナッツ
    パルミトオレイン酸は酸化しにくく、お肌に潤いを与えてくれるなど、美容面で効果を発揮してくれるそうです。チョコレートだけでなく、化粧品にも使用されています。
  • くるみ
    不飽和脂肪酸が多く含まれているために、脳の働きを良くしたり、食物繊維のお陰で便秘の改善に効果的だといわれています。他にも、冷え性の改善に効果的だともいわれています。
  • ピーナッツ
    レシチンが豊富に含まれているために、脳の神経を活発化して、物忘れを予防したり、記憶力の向上につながるといわれています。また、薄皮の部分にはポリフェノールも含まれています。
  • ピーカンナッツ
    脂肪を多く含んでいるために、「バターの木」ともよばれています。コクと甘みがあり、血行を促進してくれるために、老化防止や貧血予防が期待できるようです。

素焼きのナッツを選びましょう!

ナッツを購入する時は、素焼きで無塩のものを選ぶようにして下さい。生のナッツの場合、お菓子などに使用するのは問題ないのですが、そのまま食べると身体の中で消化酵素がうまく働かずに消化不良を起こす危険性があります。さらに、油や塩を使って加工されているものは、カロリーや塩分も必然的に高くなってしまいますので、注意が必要です。

最近ではスーパーなどでも、素焼きで無塩のナッツを購入できるようになりました。購入される時は、表示をよく確認してから購入して下さいね。
素焼きナッツ

ナッツはいつ食べる?

ミックスナッツ
ナッツは、1日の中でいつ食べるのが良いのでしょうか?

食事の前にナッツを食べることで満腹中枢を刺激して、食事の量が抑えられるという意見もあるようですが、私の場合は特に決めていません。例えば、朝だったり、おやつだったり、夕食の後だったり、自然に食べたいと思ったら好きな時にチョコチョコ食べています。

ただし、ナッツは気が付くとたくさん食べてしまっていることがあります。食べ過ぎると、お腹も張ってしまいますし、カローリーも高くなってしまいます。

1日に食べるナッツの量は、片手で軽く握るぐらいが目安といわれていますので、くれぐれも食べ過ぎに注意して下さいね。私も、今回のナッツは美味しそうなのですぐになくなりそうです!きちんとしたショップだったので、またリピートしてみようかな。。。

素焼きナッツ