こんにちは。美優です。

「お彼岸っていつだったっけ?」「もうそろそろだと思うんだけど、忘れた。」

毎年のように、こんな会話をしていませんか?

今回は、お彼岸っていつ?という疑問を解消すべく、つい忘れる日にちと、お墓参りの最低限のマナーなどについてお伝えします。

お彼岸のお墓参りにいく時に、ぜひ参考にして下さいね。

スポンサーリンク




お彼岸っていつ?

カレンダー
ではさっそく、お彼岸っていつ?年に何回あって、期間は何日間なの? という疑問を解消していきましょう。

お彼岸は年に何回あるの?

お彼岸は春と秋の、年に2回あります。

お彼岸の期間は何日間?

春のお彼岸も、秋のお彼岸も、期間は「彼岸入り」から「彼岸明け」までの、それぞれ7日間です。

「彼岸入り」から「彼岸明け」までの間には、「彼岸の中日」があります。別の言い方をすると、お彼岸の期間は、「彼岸の中日」と、その前後3日間となります。

ですので、春と秋のどちらも、「彼岸の中日」を基準にして考えると、わかりやすいのではないでしょうか。

では、春のお彼岸と秋のお彼岸のそれぞれについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

春のお彼岸

春の風景
春のお彼岸は、いつからいつまででしょうか。

例えば、「彼岸の中日」が3月21日だったとします。すると、その前後3日間というのは、3月18日~3月20日の3日間と、3月22日~3月24日の3日間です。

この場合だと、春のお彼岸の期間は、3月18日~3月24日の7日間ということになります。

秋のお彼岸

秋の風景
次に、秋のお彼岸についても同様に考えます。

例えば、「彼岸の中日」が9月26日だったとします。すると、その前後3日間というのは、9月23日~9月25日と、9月27日~9月29日ですね。

この場合、秋のお彼岸の期間は、9月23日~9月29日の7日間ということになります。

 

ところで、「彼岸の中日」って何? と、またここで新たな疑問が生まれたのではないでしょうか。

そこで、「彼岸の中日」についても、少し見ておきましょう。

「彼岸の中日」とは?

あなたは、「彼岸の中日」について知っていますか?

「彼岸の中日」とは、簡単に言うとお彼岸の期間の、ちょうど真ん中にあたる日です。

そして、「彼岸の中日」は、実は、暦に合わせて決められているのです。どういうことかというと、次のようになります。

  • 春の彼岸の中日 = 春分の日
  • 秋の彼岸の中日 = 秋分の日

「彼岸の中日」とは、春は「春分の日」、秋は「秋分の日」のことなのです。

でも、毎年「春分の日」と「秋分の日」は何月何日という風に、きちんと決まっているものではありません。なんと毎年、国立天文台が計算するのです!ちょっと驚きです。

「春分の日」と「秋分の日」は、ちょうど季節の変わり目ですので、お彼岸を境にして、気温が変わることが多くなります。

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉は、ここから来ているんですね。

参考:国立天文台NAOJ・よくある質問・質問3-1)何年後かの春分の日・秋分の日はわかるの?

 

では次に、お彼岸のお墓参りの最低限のマナーについて、見ていきましょう。

スポンサーリンク

お彼岸のお墓参り・最低限の2つのマナー

手桶と杓
お彼岸といえば、お墓参りですね。

お墓参りのマナーには、絶対的なものはありません。できればお彼岸中に行くと良いのですが、実家が遠方などで行けない場合は、別の日に行っても大丈夫です。

でも、最低限、これだけは知っておきたいマナーというものはあります。それは、次の2つのマナーです。

1:時間のマナー

お彼岸のお墓参りの最低限のマナーの1つめは、時間のマナーです。

お彼岸のお墓参りは、もし可能であれば、できるだけ午前中に行きましょう。午後からでも大丈夫ですが、お寺などの場合は、遅い時間に行くと迷惑がかかることもありますので、注意して下さいね。

霊園の場合は、比較的、時間を気にせずに行くことができます。でも、念のため、事前にお墓参りをしても良い時間を確認しておきましょう。

ちなみに、お墓参りは、朝早い時間に行く方が、気持ちがスッキリしますよ。

2:服装のマナー

お彼岸のお墓参りの最低限のマナーの2つめは、服装のマナーです。

服装については、あまり派手なものは避けた方が無難です。正装する必要はありませんが、適度に清潔感があって、動きやすい服装を心掛けましょう。

お参りをする前には、お墓のお掃除をします。ですので、派手なヒラヒラしたような服装ではおかしいですよね。その辺りもわきまえて、服装を決めましょう。

でも、難しく考えなくても大丈夫ですよ。あくまでも無難な服装で、という風にとらえて下さい。

お彼岸のお墓参りでやってはいけないことは?

お墓参りで感謝の気持ちを伝える
最後に大切なことをお伝えします。お彼岸のお墓参りでやってはいけないことがあります。

それは、願い事をすることです。

お墓参りは、ご先祖様に、日頃の報告をして、感謝の気持ちを伝えるために行くものです。

ですので、自分の願い事をするのは間違っています。これは、お彼岸のお墓参りだけではありませんので、注意して下さいね。

 

では、どういう風に、ご先祖様に感謝の気持ちを伝えればいいのでしょうか?

例えば、「お陰様で、家族全員、いつも元気に過ごせています。ありがとうございます。」という風に、気持ちを伝えるのが良いですね。そうすれば、ご先祖様も安心されます。

そして、これは、個人的な意見ですが…。ご先祖様に感謝の気持ちを伝えると、不思議と、また自分自身が頑張ろうという気持ちになります。

あなたも、お彼岸のお墓参りに行った際には、ぜひこの感覚を実感して下さいね。

「春分の日」と「秋分の日」を知ることがポイント!

空の様子
今回は、お彼岸の、つい忘れる日にちと、お墓参りの最低限のマナーなどについてお伝えしました。

いかがでしょうか。これでもう「お彼岸っていつだったっけ?」と、人に聞くことも無くなったのはないでしょうか。

お彼岸の日にちを覚えるためのポイントは、「春分の日」と「秋分の日」を知ることです!そこに前後3日間を足せば、お彼岸の期間がわかります。

あなたの周りの方で、「お彼岸っていつだったっけ?」と言っている方がいれば、教えてあげて下さい。

そして、最低限のマナーを守って、お墓参りに行って下さいね。

お彼岸についてのこちらの記事もおすすめですよ。

 

⇒お彼岸・2018年はいつ?お彼岸とは?準備をするものは?

スポンサーリンク