こんにちは。美優です。

お米の保存は冷蔵庫で。これって、最近では常識になりつつありますよね。

一人暮らしの方が増えたせいでしょうか。

買ったお米がいつまでも残る。どこにも入らない。できるだけ美味しく保存 したい、という声をよく耳にします。

そこで、お米の保存は冷蔵庫がいいのはなぜか、考えてみました。おすすめの保存容器などについてもお伝えします。

ぜひ参考にして下さいね。

スポンサーリンク




お米の保存は冷蔵庫がいいのはなぜ?

おもちゃの冷蔵庫

お米の保存は、冷蔵庫がいいといわれますが、なぜでしょうか。

お米の取り扱いについては、袋の裏面によくこのような文章が書いてあります。

  • ご購入後は、なるべくお早めにお召し上がり下さい。
  • 直射日光を避けて、涼しい場所に保存して下さい。
  • 米びつや容器等は、虫などの発生を防ぐためにも、こまめに洗浄して下さい。
  • ニオイが移る可能性があるため、ニオイの強い洗剤や灯油などを、そばに置かないで下さい。
  • 米は湿気を嫌います。保管にはじゅうぶんにご注意下さい。

これらを満たす条件といえば、冷蔵庫じゃないでしょうか。

普通に考えると、「常温でいいんじゃないの?」と思われがちですよね。でも、湿気や虫などのことを考えると、冷蔵庫で保存するのが良いです。

ただし、密封してきちんと保存することが大切です。

 

では次に、お米を冷蔵庫で保存した時の賞味期限について見てみましょう。

冷蔵庫で保存した時の賞味期限は?

賞味期限
お米を冷蔵庫で保存した時、賞味期限も気になりますよね。そこで、賞味期限についても調べてみました。

お米は、冷蔵庫で保存していても3ヶ月以内には食べ切るようにしましょう。

理想的な賞味期限の目安は、1、2ヶ月程度 です。

 

次に、お米を保存するための、おすすめの保存容器をご紹介します。

スポンサーリンク

おすすめの保存容器は?

お米の稲
おすすめの保存容器を、2つご紹介します。

1:ペットボトル

おすすめの保存容器の1つめは、ペットボトルです。

これは、何といっても冷蔵庫のドアなどにピッタリと収まる点がおすすめポイントです。

お米にニオイが移るのを避けるために、大切なことがあります。

それは、使用済みのペットボトルを使う場合には、できればミネラルウォーターが入っていたものを使うようにする、ということです。

また、ホームセンターなどで、少ししっかりとした新しいペットボトルを購入するのもおすすめです。

2:チャック付きの保存袋

袋
おすすめの保存容器の2つめは、チャック付きの保存袋です。

決して高価な袋を用意する必要はありません。

例えば、上の写真のように、100均などで購入することができるチャック付きの保存袋で充分ですよ。

お米を冷蔵庫で保存する時に、私自身がよく使うのはチャック付きの保存袋です。その理由は、次の5つです。

1:お米を小分けにするので減り具合が確認しやすい

お米を冷蔵庫で保存する時に、買ってきたお米の袋から、チャック付きの保存袋に小分けにします。

それを、冷蔵庫に入れるとどうでしょうか。チャック付きの保存袋なら、お米の減り具合が、ひと目でわかります。

確認しやすくて、とっても便利ですよ。

2:密封性が良いので味が落ちにくい

チャック付きの保存袋だと、密封性が良いのがポイントです。

保存容器などには、密封性が良いものと、あまり良くないものがあります。

その点、チャック付きの保存袋だとピッタリと閉じられますよね。すると、密封性が良く、お米の味が落ちにくくなります。

3:形が自由自在なので扱いやすい

チャック付きの保存袋は、形が自由自在です。

しかも、中に入れているお米が少なくなれば、どんどんコンパクトになっていきます。

とっても扱いやすいのでおすすめですよ!

4:使い切りなのでとっても楽!

保存容器などと違って、チャック付きの保存袋は、使い切りです。

一回ごとに洗う手間が省けるので、とっても楽です。

5:お米を食べた後は袋が再利用できる

さらに、チャック付きの保存袋なら、お米を食べた後には再利用ができます。

私はいつも、この袋を、料理の途中に出る野菜くずなどを入れるのに使っています。

チャック付きの保存袋なら、少し水気のあるものでも気にせずにポイッと入れることができます。

そのままゴミ箱に捨てられるので、便利ですよ^^

お米のまとめ買いができるようになりました!

稲1本

今回は、お米の保存は冷蔵庫がいいのはなぜか、さらに、おすすめの保存容器などについてお伝えしました。

私の場合は、お米を冷蔵庫で保存するようになってから、今のところ味が落ちるなどと感じたことはありません。

お陰で、お米の まとめ買いができる ように なりました!

それでも、新しくお米をお店で買う時には、できるだけ精米年月日の新しいものを選んでいます。

どうしても冷蔵庫に入らないなどの理由で、常温保存する場合には、何か対策をして下さい。

鷹の爪をガーゼにくるんだものを一緒に入れたり、お米専用の防虫剤などを入れるのが良いかもしれませんね。

どちらにしても、お米は購入したら早めに食べきるようにしましょう。

スポンサーリンク