こんにちは。美優です。

秋になり、少しずつ気温が低くなってくると、りんごが旬を迎えます。

旬のりんごは、とっても美味しいですよね。

しかも、栄養や期待できる効果もますますアップします。

個人的には、毎年、この季節が来るのを楽しみに待っています。

今回は、りんごの栄養成分と効果効能などについてお伝えします。

スポンサーリンク




りんごの栄養成分は?

りんごをもらった
りんごって、こうしてお皿に盛るだけで可愛いですよね。

フルーツ好きの私としては、それだけでテンションが上がります。りんごには豊富な栄養素が含まれています。

では、りんごの栄養成分と効能と、どんな効果が期待できるのか、見ていきましょう。

まずは、りんごに含まれている栄養成分からご紹介しますね。

りんごに含まれている栄養成分とは

りんごには、次のような栄養成分が含まれています。

  • ペクチン
  • りんご酸
  • カリウム
  • 有機酸
  • りんごポリフェノール
  • 食物繊維

たくさんの栄養成分が含まれていますね。

では続いて、りんごに期待できる効果効能を、見ていきましょう。

スポンサーリンク

効能効果にはどんなものがあるの?

りんごの効果効能にはどんなものがあるのでしょうか。

ペクチンには、整腸作用があるといわれています。

また、カリウムには体内の塩分や、余分な水分を排出してくれる効果が期待できます。

さらに、有機酸には、胃腸の働きを良くしたり、殺菌効果もあるとか。

そして、りんごに含まれている栄養素の中でも、特に、りんごの皮にたくさん含まれているポリフェノールの効果には注目です。

ポリフェノールを摂取すると、血液中のコレステロール値を低下させたり、がんの発生を抑制する効果があるといわれています。

また、活性酸素の発生を抑制するために肌の老化を防ぐ効果もあるようです。

さらに、最近の研究で、「りんごポリフェノール」には皮膚の光老化を予防する働きがあることが発見されました。

どうやら女性にとっては嬉しい効果が期待できそうですね。

食物繊維も含まれているので、ダイエット効果もあるかもしれませんね。

せっかくりんごを食べるのなら、栄養価が高くなって美味しい旬の時期に、たくさん食べて美肌を目指したいですね。

ちなみに、私はいつもりんごの栄養成分をできるだけ逃さないために、皮付きで食べています^^

では、最後に、美味しいりんごの印をご紹介しますね。

これを知っておくと、さらにりんごを美味しく食べることができますよ。

美味しいりんごの印は?

りんごとコーヒーの朝食
りんごにはいろいろな種類があり、その時期によって美味しい種類は変わっていきます。

でも、いろいろな種類のりんごに共通する、美味しいりんごの印というものがあるんですよ。

あなたはスーパーなどで、りんごの種類に関係なく、表面がピカピカ、テカテカ、ツルツルのものを見たことがありますか?

まさにあのピカピカ、テカテカ、ツルツルが、美味しいりんごの印なのです。

これは、りんご自体が鮮度を保とうとして出している成分です。

ですので、私はいつもテカテカ、つるつるのりんごを選んで買うようにしています。

印があるものとないものでは甘さが全然違います。

あなたも、りんごを購入する時には、ピカピカ、テカテカ、つるつるの印があるりんごを選ぶようにして下さいね。

ということで、今日の朝ごはんは「皮つきりんご」と「コーヒー」でした。甘くて本当に美味しかったです!

まとめ

今回は、りんごの栄養成分と効果効能などについてお伝えしました。

美味しい旬のりんごで、心と身体を美しく保ちたいですね!

 

りんごと同じように美味しいフルーツ・柿についてはこちらの記事をチェックして下さいね。

⇒柿の栄養効果は?食べ過ぎは便秘になる?種類もチェック!

スポンサーリンク