ルイボスティーといえば、美容に良いお茶として知られていますが、本当のところはどうなのでしょうか。ダイエット効果があるという話も聞くので気になりますよね。

私は日頃からよくルイボスティーを飲んでいます。冷え性なのでコーヒーを飲み過ぎないように、合間にルイボスティーを飲んで冷え性対策をする目的もありますが、紅茶のような味も好きで、しかも身体に負担がないような気がしています。

今回は、ルイボスティーの気になる効果効能などについてお伝えします。

スポンサーリンク




ルイボスティーってどんなお茶?

有機ルイボスティー
ルイボスティーは南アフリカ共和国の一部に自生しているマメ亜科の植物の葉を乾燥させたお茶です。健康効果や高い抗酸化作用があることから「奇跡のお茶」とも呼ばれていて、美容面でも人気があります。

ルイボスティーの効果効能

カップに入れたルイボスティー
ルイボスティーには期待できる効果効能がたくさんありますが、その中でも女性に嬉しい効果効能には次のようなものが挙げられます。

  • ミネラル類による冷え性改善効果
  • 鉄分による貧血予防効果
  • 亜鉛によるストレス緩和効果
  • SODによる美肌効果
  • SODによるダイエット効果

「SOD」とはスーパー・オキサイド・ディスムターゼ様酵素という強い抗酸化作用があるといわれる成分です。この「SOD」が、ルイボスティーの凄い効果効能の秘密のようです。ダイエット効果もバッチリありそうですね。

「SOD」による抗酸化作用によって身体の中から老廃物がデトックスされるために、便秘解消やアトピーの改善、花粉症の改善などの他にも、さまざまな病気の予防にもつながるようです。

さらに、ルイボスティーには肝臓の働きを良くする効果もあるようですので、お酒を飲む機会の多い時期にはピッタリのお茶ではないでしょうか。

ノンカフェインだから妊活にも安心!

そして、ルイボスティーのオススメポイントは、やはりノンカフェインだということです。

ノンカフェインで、タンニンの濃度も低いので妊婦さんにも安心して飲めるお茶です。妊活に効果があるという説もあります。

ルイボスティーを美味しく飲む工夫

ルイボスティーパック
ルイボスティーは紅茶に似た味なので、そのまま飲んでも美味しいのですが、さらに美味しく飲む工夫としてミルクを入れて飲むのもおすすめです。

私の場合、いつもはポットでまとめて作っていますが、時々ロイヤルミルクティーのようにミルクで煮出して飲んだりもします。ルイボスティーを飽きることなく美味しく飲むことができますよ。

最近では手軽に飲めるタイプのものが人気のようですが、本当は10分程度煮出して作ると、ルイボスティーの効果を高めることができるようです。面倒じゃなければ毎回煮出して作って下さい。何かと体重が増えがちなこの時期、みなさんもルイボスティーを飲んで健康的に過ごして下さいね。

あわせて読みたい記事

「エルバランシア」のルイボスティーの効果と沸かし方は?