きのうに続き、今日も魚メニューでした。きのうはお刺身でしたが、今日はさばの煮つけをでDHAとEPAを摂取しました。健康的な食事を考えると、魚をたくさん食べたいですよね。今回は、煮魚の黄金比などについてのお話しです。

スポンサーリンク




煮魚の黄金比とは?

さばの煮つけ2

みなさんは、煮魚を作る時、毎回調味料の量を決めていますか?私は、いつも調味料をはかったりせずに目分量で煮魚を作ります。ただし、だいたいの量は決めています。その調味料の量といえば、一般的には煮魚の黄金比というものがあるようなのですが、ご存知ですか?

私なりの黄金比

煮魚の黄金比について調べてみました。すると、煮魚の黄金比を提案する人はたくさんいらっしゃるので、それぞれ微妙に調味料の量に差があるようです。そこで、私なりの黄金比をご紹介します。

煮魚の黄金比

砂糖:酒:しょうゆ:みりん:水 = 1:2:2:2:5

これを基本的に覚えていれば、計量カップなどがなくても作ることができるので便利です。例えば、計量カップや計量スプーンなどの代わりに、お玉やスプーンなどでも調味料をちゃんとはかることができます。

私の場合は、調味料をはからないのですが、それでもこの黄金比さえ何となく覚えていれば、目分量でも美味しい煮魚を作ることができます。水の量は、調節して下さい。

甘さが苦手なら

もし、砂糖の甘さが苦手だという方ならもっと簡単に覚えられます。その場合は…。

酒:しょうゆ:みりん:水 = 1:1:1:2.5    となります。

黄金比はアレンジできる1

この黄金比は、煮魚だけではなく、さまざまなメニューにアレンジすることができます。照り焼きや、ちょっとした炒り煮などにも使えますので、あとは材料によって微妙に水の加減を変えてみたりしていけば、アレンジの幅はどんどん広がります。

何度か作るうちに、「この魚ならもう少し醤油を足しておこう」とか、「ごぼうを入れるからもうすこし甘辛くしよう」という風に自分なりにどんどんアレンジしていくのです。

栄養たっぷりのさばの煮つけが完成!

さばの煮つけ1
今日も、この黄金比を使って、さばの煮つけが完成しました。DHAやEPAなどの栄養がたっぷりのさばの煮つけは、玄米にもピッタリで美味しくいただくことができました。

煮魚って大変そうだと思っていた方も、ぜひ、この煮魚の黄金比で簡単に煮魚を作ってみて下さいね。調味料は、正確に細かくはからなくても、とっても美味しくできますよ。

スイーツを作る時には、調味料は正確にはかるのが基本といわれていますが、お料理は感覚で作ることも大切なのではないでしょうか。私個人の考えとしては、お料理は、あまりこだわり過ぎずに、気軽に楽しく作って美味しいのが一番良いと思っていますが…みなさんは、いかがですか。