春になると、和菓子屋さんを彩るものといえば、桜餅ですね。

桜餅を食べる時に疑問に思うこと、それは、

「桜餅の葉っぱは何のため?」

そして、それと同時に毎回話題になること、それは、

「この葉っぱって、食べてもいいの?」

ということです。

今回は、「桜餅の葉っぱは何のため?」その3つの理由などについて、お伝えします。「食べてもいいの?」という疑問も解決しますよ。

スポンサーリンク




桜餅の葉っぱは何のために使われているの?

道明寺桜餅2個
桜餅の葉っぱが使われている理由は、次の3つといわれています。

1:香りづけのため

1つめの理由は、香りづけのためです。桜餅といえば、何ともいえない良い香りがしますよね。その香りづけのためには、葉っぱが欠かせないのです。

2:乾燥を防ぐため

2つめの理由は、乾燥を防ぐためです。これは、他の和菓子にも共通することですが、桜餅はそのままにしておくと、乾燥して固くなってしまいます。そこで、少しでも乾燥を防ぐために、葉っぱで包むようになりました。

3:腐敗を防ぐため

3つめの理由は、腐敗を防ぐためです。江戸時代には、「桜の木が、水を綺麗にする」といわれていました。そのため、葉っぱで包むようになったという説があります。

手で食べやすくするためじゃないの?

手で食べやすくするため、という説もあるようです。桜餅をそのまま持つと、手にくっついてしまいますが、葉っぱで包んでいれば解消できる、という説です。

たしかに、そうですが、この理由に関しては、おそらく後から付け足されたものですね。

桜餅を手で食べるって、なかなか無いとは思いますが…普通は、黒文字という和菓子専用の道具を使います。家に黒文字がなければ、フォークなどを使いますよね。

桜餅の葉っぱは食べてもいいの?

道明寺桜餅アップ
桜餅の葉っぱは、基本的には食べても大丈夫です。食べても、食べなくても、特に決まりはありません。

桜餅の葉っぱは、食べる派と食べない派に分かれますが、みなさんはどちらですか?桜餅の葉っぱを食べる派の方の意見は、ほどよい塩気と、上品な甘さがピッタリだというのが多いようです。

でも、桜餅の葉っぱは、消化の良いものではありません。食べる派の方は、食べ過ぎないように注意して下さいね。

桜餅の葉っぱはどうやって作られているの?

葉っぱは大島桜の木から
桜餅の葉っぱは、桜の葉っぱを塩漬けにして作られています。

ただし、どんな桜の葉っぱでも良いわけではありません。桜餅の葉っぱは、大島桜という桜の葉っぱを使って、作られています。

大島桜は、伊豆諸島や房総半島などに分布する桜です。ソメイヨシノなどに比べると、白い花が咲きます。桜餅の葉っぱは、この大島桜のまだ若い葉を摘んで、塩漬けにしています。だから、柔らかくて、食べられるんですね。

桜餅の香りは何の香り?

長命寺桜餅・お皿無し
桜餅の香りは、クマリンの香りです。大島桜の葉っぱを塩漬けにする過程で生まれるのが、クマリンです。

でも、「クマリンって何?」と思いますよね。そこで、クマリンについても調べてみました。

クマリンとは?

大島桜
クマリンとは香り成分の一種です。

桜餅の葉っぱの他には、シナモンやパセリ、干し草などにも含まれています。ポリフェノール・フェノール酸系に分類される香りで、独特の香りにはリラックス効果があるといわれています。

摂取し過ぎるとどうなるの?

クマリンを摂取し過ぎると、どうなるのでしょうか。

クマリンには、抗菌効果や血流改善効果があるといわれています。でもその一方では、長期にわたって過剰摂取すると、肝臓の機能が弱くなってしまうともいわれています。

このように、クマリンには良い面と悪い面があります。普通に桜餅を食べる程度では問題ありませんが、食べ過ぎないようにしたいですね。

参考:わかさ生活・わかさの秘密・クマリン

まとめ

長命寺桜餅2個今回は、「桜餅の葉っぱは何のため?」その3つの理由と、「食べてもいいの?」という疑問などについて、お伝えしました。

そういえば、関東と関西の桜餅は、全く違いますね。最初にこのことを知った時には、衝撃でした。

みなさんはどちらが好きですか?

私は断然、関西風が好きです。でも、どちらにしても、葉っぱは、食べないですよ^^