2018選抜高校野球・春の大会の組み合わせ抽選会が、3月16(金)午前9:00より、毎日新聞大阪本社のオーバルホールで行われました。

その結果、2018年(平成30年) 3月23日(金) から、13日間の予定で繰り広げられる、2018選抜高校野球・春の大会の組み合わせが決定しました。選手宣誓は、どの高校の主将でしょうか。早速、お伝えしますね。

スポンサーリンク




2018選抜高校野球・春の大会の組み合わせ

甲子園外観
2018選抜高校野球・春の大会の組み合わせは、次の通りです。※時間は、試合開始予定時刻です。

第1日・3月23日(金)

第1回戦

第1試合10:30福岡県立東筑高等学校(九州・福岡)
聖光学院高等学校(東北・福島)
第2試合13:00英明高等学校(四国・香川)
國學院大學栃木高等学校(関東・栃木)
第3試合15:30明秀学園日立高等学校(関東・茨城)
広島瀬戸内高等学校(中国・広島)

第2日・3月24日(土)

第1回戦

第1試合9:00由利工業高等学校(21世紀枠・秋田)
日本大学第三高等学校(東京)

第2回戦

第2試合11:30静岡県立静岡高等学校(東海・静岡)
駒澤大学附属苫小牧高等学校(北海道)
第3試合14:00日本航空高等学校石川(北信越・石川)
滋賀県立膳所高等学校(21世紀枠・滋賀)

第3日・3月25日(日)

第2回戦

第1試合9:00明徳義塾高等学校(四国・高知)
中央学院高等学校(関東・千葉)
第2試合11:30富山県立富山商業高等学校(北信越・富山)
智辯学園和歌山高等学校(近畿・和歌山)
第3試合14:00智辯学園高等学校(近畿・奈良)
日本大学山形高等学校(東北・山形)

第4日・3月26日(月)

第2回戦

第1試合9:00下関国際高等学校(中国・山口)
創成館高等学校(九州・長崎)
第2試合11:30大阪桐蔭高等学校(近畿・大阪)
佐賀県立伊万里高等学校(21世紀枠・佐賀)
第3試合14:00花巻東高等学校(東北・岩手)
東邦高等学校(東海・愛知)

第5日・3月27日(火)

第2回戦

第1試合9:00第1日・第1試合の勝者
東海大学付属相模高等学校(関東・神奈川)
第2試合11:30第1日・第2試合の勝者
延岡学園高等学校(九州・宮崎)
第3試合14:00第1日・第3試合の勝者
高知高等学校(四国・高知)

第6日・3月28日(水)

第2回戦

第1試合9:00滋賀県立彦根東高等学校(近畿・滋賀)
慶應義塾高等学校(関東・神奈川)
第2試合11:30京都府立乙訓高等学校(近畿・京都)
おかやま山陽高等学校(中国・岡山)
第3試合14:00松山聖陵高等学校(四国・愛媛)
近江高等学校(近畿・滋賀)

第7日・3月29日(木)

第2回戦

第1試合9:00星稜高等学校(北信越・石川)
宮崎県立富島高等学校(九州・宮崎)
第2試合11:30第2日・第1試合の勝者
三重高等学校(東海・三重)

選手宣誓は?

選手宣誓は、広島瀬戸内高等学校(中国・広島)の、新保利於主将に決まりました。

広島瀬戸内高等学校(中国・広島)は、27年ぶり3回目の出場です。新保利於主将は、「引いたからにはしっかりやりたいと思います」と抱負を述べました。本当は、「正直なりたくなかったのですが」という気持ちだったそうですよ。

正直で良いですね^^そりゃ、甲子園の大舞台で、選手宣誓なんて、緊張しますよね。私なら遠慮したいです!

広島瀬戸内高等学校は、第1日・3月23日(金)の第3試合で、初出場の明秀学園日立高等学校(関東・茨城)と対戦します。

出場校は36校

もう一度、出場校について確認しておきましょう。

今回の、2018選抜高校野球・春の大会には、運営委員会で選出された選考委員によって選ばれた36校が出場します。

出場校の地域の内訳は、次の通りです。

  • 北海道から1校
  • 東北から3校
  • 関東・東京から6校
  • 北信越から3校
  • 東海から3校
  • 近畿から6校
  • 中国から3校
  • 四国から4校(神宮枠含む)
  • 九州から4校
  • 21世紀枠として3校

各校、み~んな応援したいですね!

参考:高校野球・毎日新聞

まとめ

2018選抜高校野球・春の大会の組み合わせをお伝えしました。

いよいよ始まりますね!

2018選抜高校野球・春の大会は、3月23日(金) から、13日間の予定です。熱戦が繰り広げられる甲子園へ、みなさんも出掛けませんか?