しいたけは昔から和食に欠かせないきのこです。

和食の炊き合わせやお鍋などだけでなく、干ししいたけにすると、戻し汁まで使える優れものですね。そんなしいたけについて知っておきたいことを、改めてまとめてみました。

今回は、しいたけの効果効能と栄養パワーの秘密について、お伝えします。

スポンサーリンク




しいたけの栄養素は?

しいたけ4個
こんなに小さいのに、しいたけの中にはパワーがギッシリと詰まっています!きのこといえば、食物繊維やビタミンDが豊富なことはよく知られていますよね。それ以外にも、しいたけには独特の栄養素があります。それは、「エリタデニン」という栄養素です。

このエリタデニンは、きのこの中でもしいたけとマッシュルームだけに含まれている栄養素で、血液中のコレステロール値を低下させる働きがあるといわれています。このため、動脈硬化予防に役立つと考えられているようです。

しいたけの効果効能とは?

しいたけには次のような効果効能が期待できます。

  • 免疫力アップ
  • ダイエット効果
  • 骨粗しょう症予防

しいたけに含まれるβ-Dグルカンとレンチナンという2つの多糖類が、免疫力アップの働きをしてくれるようです。また、食物繊維が豊富に含まれているために腸の働きを活発にして、身体の中を綺麗にしてくれるのでダイエット効果も期待できます。さらに、しいたけのビタミンDパワーを活かすために、カルシウムを多く含む食品と一緒に摂取すると、骨粗しょう症予防にもつながるといわれています。

干ししいたけを手作りしてみましょう!

しいたけは、天日干しして「干ししいたけ」にすることで、ビタミンDの量や旨味成分、香り成分がアップします。干ししいたけの作り方は簡単ですので、ぜひ手作りしてみましょう!天気の良い日がチャンスです。まず、しいたけは軸を取って周りのゴミなどを丁寧に取っておきましょう。あとは、ザルなどに広げて陽当たりの良い場所で干すだけです。

丸1日干しておくと、良い感じで乾燥します。あまり時間がない時でも30分程度干すだけでもビタミンDの量はアップするようなので、お料理をする前にササッと干しておきましょう。他の調理をしている間に、しいたけはパワーアップしてくれます。しいたけを干す前に綺麗にしておけば、そのまま煮物やお鍋にポンっと入れることができるので凄く便利です。

私の場合は、スライスした干ししいたけも時々作ります。スライスしたものはそのまま甘めの出汁で炊き上げておくと、常備菜として保存できます。これをちらし寿司に使ったり、おにぎりの具として使ったりもします。

しいたけはやっぱり美味しい!

しいたけ1個
今回は、しいたけの効果効能と栄養パワーの秘密について、お伝えしました。

最近、きのこを食事に取り入れることが多いのですが、やっぱりしいたけは美味しいですね。他のきのこと比べると少し価格も高めですが、それでも美味しいのでついつい買ってしまいます。かさの部分も、軸の部分もそれぞれに美味しさがあるのが魅力的です。

しいたけって何となくベテラン感がありませんか?こう思うのは私だけでしょうか?個人的には、独特のベテラン感もしいたけの魅力の1つだと思うのですが…。やっぱりビジュアル的に可愛いものに惹かれるのかもしれません^^