最近、テレビなどで酵素玄米が紹介されているのをよく目にしませんか?酵素玄米を食べている方は、実は意外と多いようですね。酵素玄米はもちもちとした食感があって美味しいので、私は大好きです。

でも、酵素玄米って正式な炊き方で炊くのは、少し大変です。美味しいけど続かない…面倒で困っている時に、私は自己流の酵素玄米を思いつきました。

そこで、今回は、そんな自己流の酵素玄米の作り方をご紹介します。酵素玄米に興味はあるけど面倒そうだなぁ、と思っていた方にもぜひぜひ挑戦していただきたいと思っています。

スポンサーリンク




自己流の酵素玄米の作り方

玄米炊き上がり
酵素玄米は、玄米を寝かせることによって増える酵素が、身体にさまざまな健康効果や美容効果をもたらしてくれるというものです。一緒に入れる小豆の効果もあるらしいのですが…。

私も以前は、毎回小豆を入れて、正式な炊き方で炊いていました。でも、正直言って毎回小豆を入れるのが面倒になってきました。しかも、日頃から大豆製品をよく食べているので、タンパク質の摂り過ぎにならないかという点も、少し気になっていました。

そこで、最近は自己流の炊き方で、酵素玄米(もどき?)を作っています。では、さっそくご紹介しますね。

作り方のポイントは2つ!

自己流酵素玄米の作り方には2つのポイントがあります。

まず1つめのポイントは、天然塩を使うことです。

普段よりも少し浸水時間を長めにした玄米4合に対して、小さじ2分の1程度の天然塩を加えて炊き上げることです。

必ず天然塩を使って下さいね。さらに、玄米を研ぐ時に時計回りの方向に混ぜると、玄米のエネルギーが高くなるそうです。よく、マクロビオティックの考え方で紹介されていますね。

玄米が炊き上がったら、いつものように一度サックリと混ぜてそのまま保温し続けます。

そして、2つめのポイントは、1日に1回必ず混ぜることです。ここは特に重要なポイントになりますので、忘れないように必ず混ぜて下さい。

酵素玄米炊飯器を試してみる!

3日後を楽しみに待ちます

お茶碗に入った玄米

1日経つと、玄米はこんな感じになりました!炊き上がりの時に比べると、少しほわっとしているのがわかっていただけるでしょうか。

あと2日で、更にもっちりとした感じになるので、3日後を楽しみにして、待ちます。といっても、いつも途中で何度か食べています。日に日にお米がもちっとしてきて美味しくなりますよ。

この段階でも充分美味しいので食べ過ぎないように我慢、我慢。。。

自然に和食のメニューになるので健康的

こうして出来上がった酵素玄米の気になる効果ですが、私の場合は、次のようなものを実感しています。

  • もちもちとしていてよく噛んで食べるので、満足感が得られる。
  • 酵素玄米に合うおかずにすると、自然と和食のメニューになるので健康的な食事内容になる。
  • 健康的な食事内容のお陰で、身体の冷えが以前よりも解消され、体調が安定する。
  • ご飯が楽しみなので、間食をすることがほとんどなくなった。

これは、あくまでも個人的な効果なので、みなさんに必ず効果が現れるとは言い切れません。また、体質によっては、玄米を食べることでかえって、体調を崩したり、お腹が張ることもありますので、注意が必要です。

酵素玄米を試される時には少量ずつ食べて、ご自分の体調に合わせて食べる量や回数を調節されることをおすすめします。

美味しいのが一番です!

もし、酵素玄米を試されて問題なければ、ぜひ続けてみて下さいね。

酵素玄米は、本当に美味しいです。健康で楽しい毎日を過ごすには、何よりも「美味しい!」と思えるものを口にするのが一番ですからね!

最近の炊飯器は優秀で、玄米が美味しく炊けるものもたくさん販売されているので、手軽に挑戦できますよ。