「足しぬかの塩の量って決まっているの?」

ぬか床に足しぬかをする時、塩の量をどれくらいにするか迷っていませんか?

また、足しぬかをした後、ぬか床の表面が白くて心配になったことはありませんか?

今回は、足しぬかの塩についてお伝えします。

塩の量の目安やぬか床の表面が白くなる理由についてもご紹介します。

ぜひ参考にして下さい。

実際の足しぬかの方法については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

⇒ぬか床の増やし方|手順や頻度は?気を付けるべき注意点もご紹介!

足しぬかの塩の量は決まっているの?

ぬか床用の天然の塩
足しぬかの量は、ハッキリとは決まっていません。

加える塩の量は、人によってさまざま。

それぞれ違います。

とはいえ、どれだけ入れても良いわけではありません。

目安となる塩の量はある程度決まっています。

目安となる塩の量を守っていれば、足しぬかで美味しいぬか床をキープすることができるでしょう。

では、足しぬかの塩の量の目安はどれくらいなのでしょうか。

足しぬかの塩の量の目安

足しぬかの材料

足しぬかの塩の量の目安は、一般的に、ぬか床の塩分濃度が7%~15%になる量とされています。

私の場合は、ぬか床が7%の塩分濃度になるようにしています。

米ぬか100gに対して7gの塩を入れるということになります。

ただし、塩の量はあくまでも目安です。

人によっては10%や13%といった具合に、足しぬかの塩の量は異なります。

例えば、ぬか床が10%の塩分濃度になるようにするなら、米ぬか100gに対して10gの塩を入れることになりますね。

私のぬか床は7%の塩分濃度ですので、一般的なぬか床に比べると塩分濃度が低めだということがいえます。

塩分控えめで美味しいぬか漬けを作りたい方には、米ぬか100gに対して7gがおすすめの塩の量です。

「足しぬかをする時、塩だけでなく、うま味もプラスしたい!」

そんな時には、市販の足しぬかを使うのも一つの方法です。

こちらのセットなら、完全無添加の原料で安心。

ぜひチェックしてみて下さいね。

⇒塩と一緒にうま味もプラス!足しぬか初心者のあなたにおすすめのぬか床救急セットはこちら

ところで、足しぬかをした後しばらくすると、ぬか床の表面が白くなって心配になったことはありませんか

足しぬかの表面が白いのは、はたして大丈夫なのでしょうか。

足しぬかの表面が白いのは大丈夫?

ぬか床をかき混ぜる様子

足しぬかの表面が白いのは、心配しなくても大丈夫です。

白くなる理由は、「ぬか床の表面に産膜酵母が増えてきている」ということだからです。

では、白くなってきた時はどうすれば良いのでしょうか。

ぬか床の表面に産膜酵母が増えているということは、ぬか床の中に乳酸菌が増えてきたサイン。

白カビではないので、そのままぬか床に混ぜ込んでも大丈夫です。

表面にできた産膜酵母をぬか床の底へと移動させるため、上下を返すようにかき混ぜましょう。

まとめ

混ぜた足しぬか

今回は、足しぬかの塩についてお伝えしました。

足しぬかの量は、ハッキリとは決まっていません。

ぬか漬けソムリエの私のおすすめは、7%の塩分濃度。

つまり、米ぬか100gに対して7gの塩がおすすめの塩の量です。

また、ぬか床の表面が白くなる理由は、「ぬか床の表面に産膜酵母が増えてきている」ということ。

そのままぬか床に混ぜ込んでも大丈夫です。

ぜひ足しぬかをして、美味しいぬか床をキープして下さい。

足しぬかで塩とうま味を同時にプラス!

完全無添加の原料で安心のぬか床救急セットも、ぜひチェックしてみて下さいね。

⇒塩と一緒にうま味もプラス!足しぬか初心者のあなたにおすすめのぬか床救急セットはこちら