豆腐のぬか漬けの作り方はとっても簡単です。

それなのに、まるでチーズ!?のような味だといわれています。

豆腐のぬか漬けを美味しく作るコツはたったの1つだけ!

あなたも、ぜひ作ってみて下さいね。

スポンサーリンク



豆腐のぬか漬けはまるでチーズ!?

豆腐のぬか漬けの作り方・まるでチーズ!?文字入り

豆腐のぬか漬けはまるでチーズ!?のような味だといわれています。

でも、個人的にはチーズの味ではないと思っています。

いきなりすみません。

改めて表現し直します。

豆腐のぬか漬けの食感はまるでクリームチーズのようです。

そうなのです。

豆腐のぬか漬けの食感は、まるでクリームチーズのよう。

味はチーズという感じではありませんが、美味しいことに変わりはありません♪

あなたも、実際に作ってクリームチーズのような食感を体験してみて下さい。

では早速、豆腐のぬか漬けの作り方をご紹介します。

豆腐のぬか漬けの作り方

まずは豆腐のぬか漬けを作るための材料を揃えましょう。

豆腐のぬか漬けの材料

豆腐のぬか漬けの材料
  • 豆腐:1丁
  • ぬか床:適量

豆腐は、絹ごし豆腐でも木綿豆腐でも作ることができます。

ここでは、絹ごし豆腐を使っています。

材料の他に用意するものは、小さめの保存容器とキッチンペーパーです。

保存容器は同じ形のものがあれば、2つ用意して下さい。

重ねて水切りをするのに便利ですよ。

また、水切り用の小さな重しがあれば効率良く水切りをすることができます。

ここでは、保存容器に入る大きさのガラス瓶を重しとして使いました。

次に、豆腐のぬか漬けを作る手順を確認して下さい。

豆腐のぬか漬けの作り方手順

豆腐のぬか漬けは、次の手順に沿って作ります。

  1. 豆腐を水切りする
  2. ぬか床を小さめの保存容器に分けておく
  3. 水切りした豆腐ぬか床に漬ける
  4. 冷蔵庫に入れて1日以上漬ける
  5. 食べやすい大きさに切れば出来上がり!

材料が揃ったら、作っていきましょう。

豆腐のぬか漬けを実際に作る様子

まずは、豆腐の水切りからです。

豆腐をキッチンペーパーで包み、保存容器に入れます。

キッチンペーパーで包んだ豆腐

その上に、もう1つの保存容器を重ねます。

下の写真のように豆腐の上に保存容器を乗せましょう。

密封容器を重ねて豆腐の水切りをする様子

上から重しをして、水切りをしていきます。

保存容器に入る大きさのガラス瓶を重しにした様子が、下の写真です。

ガラス瓶の重しで水切りをする様子

あとは、冷蔵庫で丸一日、水切りをします。

丸一日水切りをした豆腐は、下の写真のようにギュッと締まっています。

一日水切りした豆腐

かなり、ぺっちゃんこになりました^^

良い感じで水切りができていることがわかります。

次は、豆腐をぬか床に漬ける手順に進みます。

豆腐はしっかりと水切りをしていますが、さらに水気が出る可能性があります。ですので、別容器にぬかみそを分けて漬けることをおすすめします。

別容器にぬかみそを入れます。

ぬかみそは薄~く、1cm程度の厚みになるようにして下さい。

密封容器に入れたぬかみそ

ぬかみその上に、水切りをした豆腐を乗せます。

ぬかみその上に豆腐を乗せる様子

豆腐の上に、ぬかみそをかぶせます。

豆腐が見えないように、まんべんなく。

先ほどと同じように、ぬかみそが1cm程度の厚みになるようにかぶせて下さい。

豆腐の上にぬかみそをかぶせる様子

さらに、その上にペーパータオルを置きます。

一番上にペーパータオルを乗せたところ

ここまでできれば、冷蔵庫に入れて漬け込みます。

漬け込む時間は、1~2日を目安にして下さい。

1日以上経ったら、ぬか床から豆腐を取り出し、ぬかみそを水で洗い流します。

食べやすい大きさに切れば出来上がりです!

ぬか床から豆腐を取り出す時は、崩れないようにそっと取り出しましょう。

続いて、豆腐のぬか漬けを美味しく作るコツをご紹介します。

美味しく作るコツはたったの1つ!

水切りをして厚みが半分になった豆腐

豆腐のぬか漬けを美味しく作るコツはたったの1つだけ!

それは、水切りをしっかりと行うことです。

ぬか床に漬ける前に、水切りをしっかりと行うだけで豆腐のぬか漬けは美味しく仕上がります。

また、しっかりと水切りを行うことで、豆腐にしっかりとぬかみその旨味や酸味が入りやすくなります。

ぬか床に水分が移るのを防ぐこともできますよ。

では、豆腐のぬか漬けはどんな味なのでしょうか。

豆腐のぬか漬けはどんな味?

お皿に盛った豆腐のぬか漬け

豆腐のぬか漬けの味は、酸味が効いた豆腐の味です。

全体的にギュッと締まって、食感はチーズのようになります。

チーズの中でもクリームチーズ。

そして、豆腐の優しい味は残っています。

冷ややっこで食べる豆腐の味に、ぬか床の風味と酸味が効いている感じです。

1日漬けた豆腐のぬか漬けは、ぬかみそが付いたままでも食べてみました。

上の写真の右側の状態です。

やはり、ぬかみそは洗い流した方が豆腐の食感が良く、美味しいですね。

さらにもう一日漬け込み、2日後にぬか床から出した豆腐のぬか漬けが、下の写真です。

2日後の豆腐のぬか漬け

1日目に比べて、さらにギュッと締まった感じがします。

味も、さらに美味しくなっていました。

まとめ

今回は、豆腐のぬか漬けの作り方をご紹介しました。

豆腐のぬか漬けは、まるでクリームチーズのような食感。

あなたも、コツをおさえて豆腐のぬか漬けを美味しく作って下さいね。

バナナのぬか漬けもおすすめです。

こちらの記事を参考にして下さい。

⇒バナナのぬか漬けを作ってみませんか?レシピというには簡単すぎ!?