アボカドのぬか漬けの作り方で悩んでいませんか?

アボカドをどうやってぬか床に入れるのか気になりますよね。

クリーミーなアボカドをぬか床に直接入れると崩れそうなイメージがあるのでは。

そこで、今回は、アボカドのぬか漬けの作り方をご紹介します。

アボカドのぬか漬けは、キッチンペーパーに包めば楽チンです!

スポンサーリンク

アボカドのぬか漬けはくせになる美味しさ!

アボカドのぬか漬けの作り方文字入り

アボカドといえば「森のバター」と呼ばれるほどクリーミーな果物。

好きな人にはたまらない美味しさですよね。

そんなアボカドをぬか漬けにすれば、また違った美味しさになります。

くせになる美味しさです!

では、アボカドのぬか漬けの作り方を見ていきましょう。

アボカドのぬか漬けの作り方

アボカドのぬか漬けの材料

まずは、アボカドのぬか漬けの材料を揃えましょう。

材料

  • アボカド:1個
  • ぬか床:適量

アボカドを選ぶ時は、あまり熟しすぎていない食べ頃のアボカドを選んで下さい。

食べ頃のアボカドを見分けるためには、色が黒緑色で均一なものを選びましょう。

そして、皮に少し弾力を感じるものが食べ頃のアボカドです。

材料の他に用意するものはキッチンペーパーです。

アボカド1個分でキッチンペーパーが2枚あれば大丈夫ですよ。

次に、アボカドのぬか漬けを作る手順を確認しましょう。

手順

  1. アボカドを水でよく洗い、半分に切って種を取る
  2. アボカドの皮をむく
  3. キッチンペーパーでアボカドを包む
  4. ぬか床にアボカドを漬ける
  5. 1日以上漬ける
  6. 食べやすい大きさに切れば出来上がり!

では、実際に作っていきましょう。

アボカドのぬか漬けを実際に作る様子

まずは、アボカドを水でよく洗い、半分に切って種を取ります。

アボカドには真ん中に大きな種があるので、種に当たるように、包丁でぐるっと一周切り込みを入れます。

切り込みを入れたら、アボカドを両手で持って左右反対の方向へねじりながら2つに分けましょう。

そして、真ん中にある大きな種を包丁の刃元の部分で突き刺し、キュッとねじるようにして取り除きます。

種を取ったら、アボカドの皮をむいておきます。

2つに切って種を取ったアボカド

アボカドは切ってみないと中の様子がハッキリとはわからないもの。

上の写真のように、果実を切った時に、ところどころ茶色くなっているアボカドでも大丈夫です。

次に、キッチンペーパーでアボカドを包みます。

キッチンペーパーで包んだアボカド

ここでは、キッチンペーパーで包んだ時と、そのまま漬けた時の違いを見るために、半分だけキッチンペーパーに包んでいます。

もともと種があった真ん中のくぼみにも沿わせるようにしてキッチンペーパーで包んで下さい。

いよいよ、ぬか床にアボカドを漬け込みます。

この時、アボカドが崩れないように注意をして下さい。

ぬか床にアボカドを漬け込む様子

ぬか床を手で掘るようにして、アボカドが入るぐらいの穴を作ると良いですよ。

アボカドをぬか床に漬け込んだら、いつものお手入れと同じように、ぬか床の表面を平らにならします。

アボカドを漬けたぬか床

そのまま、常温で1日漬けます。

冷蔵庫に入れて漬ける場合は、2日漬けると良いでしょう。

1日経ったら、ぬか床からアボカドを取り出します。

ぬか床からアボカドを取り出す時は、崩れないようにそっと。

ぬか床から取り出したアボカド

左側がそのまま漬けたアボカド、右側がキッチンペーパーに包んで漬けたアボカドです。

そのまま漬けたアボカドは、流水でぬかみそを洗い流しました。

2つを並べて比較してみましたが、パット見はそれほど違いはありません。

アボカドのぬか漬けの色を比較している様子

よく見ると、左側のそのまま漬けたアボカドの方が色が薄くなっています。

もしかすると、色素がぬか床に出てしまったということなのでしょうか。

どちらのアボカドも、食べやすい大きさに切ってお皿に盛り付けましょう。

アボカドのぬか漬けが出来上がったところ

お皿に盛っても、それほど違いはありませんね。

でも、どちらも美味しそう♪

ぬか漬けにしたアボカド

アボカドのぬか漬けの出来上がりです!

キッチンペーパーに包めば楽チン!

アボカドをぬか床に漬ける様子

アボカドのぬか漬けを作る時は、キッチンペーパーに包めば楽チンなのでおすすめです。

もちろん、先ほどご紹介した通り、アボカドをキッチンペーパーに包まずにそのままぬか床に漬けることもできます。

でも、アボカドは柔らかく、特に熟していると崩れやすいため扱いが難しい食材です。

ぬか床に影響があっても困ります。

キッチンペーパーに包んで漬けることでとっても扱いやすくなりますよ。

また、ぬか床から取り出した後も、キッチンペーパーを外すだけ

水洗いをする必要がありません。

アボカドのぬか漬けをぬか床から取り出したところ

ぬか床から取り出したアボカドのキッチンペーパーを外して、そのままカットすれば良いので楽チンです♪

味も、そのまま漬けた場合と変わらず、美味しく漬けることができます。

では、アボカドのぬか漬けの味は、どんな味なのでしょうか。

アボカドのぬか漬けはどんな味?

出来上がったアボカドのぬか漬け

アボカドのぬか漬けの味は、酸味が効いたクリーミーな味です。

もともとクリーミーでとっても美味しいアボカド。

ぬか漬けにすることで、よりクリーミーになります。

アボカドの味は残しつつ、ほど良いぬかみその香りと酸味が感じられます。

食感は、ねっとり感が増すのでクリームチーズのようです。

ところで、生のアボカドを食べる時、どのようにして食べますか?

私の場合は、わさび醤油で食べることが多いです。

ちなみに、アボカドをわさび醤油で食べると、マグロのトロもどきの味になって美味しいですよね^^

アボカドのぬか漬けは、塩気があるのでそのまま食べてもとっても美味しいです。

サンドイッチにもピッタリの味ですよ。

アボカドのぬか漬け・チキン・野菜をくるみのカンパーニュで挟んで、アボカドサンドを作ってみました。

アボカドのぬか漬けで作ったアボカドサンド

アボカドの酸味とクリーミーさが他の具材とよく合ってとっても美味しいサンドイッチになりました。

まとめ

アボカドとぬか床

今回は、アボカドのぬか漬けの作り方をご紹介しました。

アボカドのぬか漬けは、キッチンペーパーに包めば楽チン!

あなたも今すぐ漬けて、ぜひ濃厚でクリーミーな美味しさを味わってみて下さい。

おやつには、バナナのぬか漬けがおすすめです。

バナナのぬか漬けの作り方はこちらの記事でご紹介しています。

ぜひチェックしてみて下さいね。

⇒バナナのぬか漬けを作ってみませんか?レシピというには簡単すぎ!?