ぬか漬けの塩辛くなってしまった時、塩抜き方法を知っているのと知らないのとでは大違いです。

ぬか漬けの塩抜き方法を知っていると、ガッカリすることがなくなります。

「ぬか漬けを食べてみたら塩辛い!」

「塩抜きすると良いって聞いたけど具体的なやり方がわからない。」

そんなあなたのために、今回はぬか漬けの塩抜き方法をご紹介します。

ぬか漬けが塩辛くなってしまった原因についてもご紹介しますので、あわせてご覧下さい。

最後までお読みいただくと、ぬか漬けが塩辛くてもへっちゃらになります♪

スポンサーリンク



ぬか漬けの塩抜き方法

ぬか漬けの塩抜き方法文字入りきゅうりのぬか漬け

ぬか漬けの塩抜き方法は、ひとことで表すなら「塩水に浸けて塩を抜く」ということです。

薄めの塩分で塩水を作り、そこにぬか漬けを浸しておけば良いのです。

ぬか漬けの塩抜きをする時は、真水ではなく塩水に浸けるのが大切なポイントです。

薄めの塩分で作った塩水に浸けることで、塩分の高いぬか漬けとの塩分濃度の差を小さくするためです。

ぬか漬けと塩水の塩分濃度の差を小さくすると、ちょうど良い塩加減に塩抜きをすることができます。

ぬか漬けを真水に浸けてしまうと、塩気とともに旨味もすっかり抜けてしまいやすくなります。

ですので、ぬか漬けの塩抜きをする時は、必ず薄めの塩分で作った塩水に浸けましょう。

具体的な塩の分量については、後ほどご紹介しますね。

ちなみに、この薄めの塩分で作った塩水に浸ける塩抜きの方法を「迎え塩」「呼び塩」といいます。

では、ぬか漬けの塩抜きの具体的なやり方を見ていきましょう。

ぬか漬けの塩抜きの具体的なやり方は?

ぬか漬けの塩抜きの具体的なやり方は、下の図の通りです。

ぬか漬けの塩抜き方法の図
ぬか漬けの塩抜き方法の図

まずは、用意するものから確認しましょう。

用意するもの(きゅうり1本程度の場合)

ぬか漬けの塩抜きで用意するもの
  • 塩辛くなってしまったぬか漬け:きゅうり1本程度
  • ボウル
  • 水:200cc
  • 塩:小さじ3分の1杯

ここでは、きゅうり1本程度のぬか漬けを塩抜きする場合の分量をご紹介しています。

塩抜きをするぬか漬けの分量がもっと多い場合は、水と塩の分量を等倍で増やして下さい。

つづいて手順の確認です。

手順

  1. ボウルに水と塩を入れる
  2. 塩が溶けるようによくかき混ぜる
  3. ぬか漬けを食べやすい大きさに切る
  4. 塩水の中にぬか漬けを入れる
  5. 約15分後、ぬか漬けをザルに上げて流水で軽くすすぐ
  6. 軽く水気を絞って器に盛り付ける

水と塩をスプーンなどでよくかき混ぜる時は、塩が完全に溶けていなくても大丈夫です。

できるだけ塩が溶けるように、よくかき混ぜて下さい。

用意するものと手順を確認したら、実際にぬか漬けの塩抜きをしていきましょう。

実際の塩抜きの方法

水に塩を入れてスプーンで混ぜる様子

ボウルに塩と水を入れてよく混ぜます。

塩辛いぬか漬けは、食べやすい大きさに切っておきましょう。

後からギュッと絞りやすいように、3mm程度の厚さでスライスすると良いですよ。

食べやすく切った塩辛いきゅうりのぬか漬け

塩辛いぬか漬けを切ったら、塩水の中に入れます。

ボウルにぬか漬けを入れたところ

そのまま、約15分間浸けておきましょう。

15分経ったら、ぬか漬けをザルに上げて流水で軽くすすぎます。

その後、軽く水気を絞って器に盛ります。

器に盛った塩抜きしたきゅうりのぬか漬け

塩辛いぬか漬けの塩抜きができました!

この方法なら、塩抜きが簡単にできますよ。

塩抜きは塩気を全部抜いてしまっては美味しさも半減します。

ですので、ちょうど良い感じに塩気を残す必要があります。

ご紹介した塩抜きの方法は、私も何度か試して上手くいきました。

ちょうど良い塩加減とパリッとした食感でとっても美味しいです。

かつおぶしをまぶしても美味しくいただけますよ♪

でももっと短時間でササッと済ませたい。

その場合は、サッと湯通しすることで解決できます。

湯通しで塩抜きする方法も

塩辛いぬか漬けを、湯通しして塩抜きする方法もあります。

湯通しして塩抜きする時は、次の手順で行って下さい。

  1. 鍋にお湯を沸かす
  2. 火を止めて塩を入れる
  3. そこに切ったぬか漬けを入れる
  4. はしでかき混ぜながら約30秒。
  5. ザルに上げて流水で素早く熱を取る
  6. 器に盛り付ける

時間がない時だけ、この方法を行うのも良いですね。

それにしても、なぜ、ぬか漬けが塩辛くなってしまったのでしょうか。

なぜぬか漬けが塩辛くなってしまったの?

塩抜きしたきゅうりのぬか漬け

ぬか漬けが塩辛くなってしまった原因は、単純に漬ける時間が長かったのかもしれません。

忙しくて、ついついぬか床からぬか漬けを出すのを忘れてしまっていたということはありませんか?

もし、長時間漬けたわけではないのにぬか漬けが塩辛くなってしまったのなら、別の原因が考えられます。

おそらくぬか床がまだ熟成していないことが原因です。

新しく作ったばかりのぬか床や、市販のぬか床の場合、熟成が進んでいないことが原因で塩辛いぬか漬けになりがちです。

その場合は、捨て漬けをすることで美味しいぬか漬けを作ることができるようになります。

そもそもの原因がわかればもう大丈夫ですね。

美味しいぬか漬けを作るために、早めに捨て漬けを行いましょう。

捨て漬けのやり方などについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

ぜひご覧下さい。

⇒捨て漬けとは?やり方や期間は?ぬか漬けを作るための大切な工程!

まとめ

きゅうりのぬか漬けを塩抜きする様子

今回はぬか漬けの塩抜き方法をご紹介しました。

最後にもう一度おさらいしておきましょう。

ぬか漬けの塩抜き方法は次の手順で行います。

  1. ボウルに水と塩を入れる
  2. 塩が溶けるようによくかき混ぜる
  3. ぬか漬けを食べやすい大きさに切る
  4. 塩水の中にぬか漬けを入れる
  5. 約10分後、ぬか漬けをザルに上げて流水で軽くすすぐ
  6. 軽く水気を絞って器に盛り付ける

ぬか漬けが塩辛くなってしまった原因もご覧いただけたでしょうか。

これからは、ぬか漬けが塩辛くてもへっちゃらですね。

「塩辛いけど、塩抜きするほどではない。」

「いつもより少しだけ長く漬けすぎた!」

そんな時は、アレンジして食べるのもおすすめです。

こちらの記事もぜひチェックしてみて下さいね。

⇒漬かりすぎたぬか漬けはアレンジして美味しく食べましょう!簡単レシピをご紹介!